ブラジル・ポルトガル語専攻

ポルトガル語は世界だけでなく、日本での活躍の舞台も広げてくれる。

ブラジルは鉄鉱石や石油などの天然資源が豊富で、経済発展も著しい国です。日本は主に鉄鉱石や食料品などを多く輸入し、ブラジルへは自動車部品などの工業製品を輸出するなど強い関係が長年続いています。さらに発展する可能性に満ちた国です。

  • コミュニケーションの幅が広がる言語

    ポルトガル語は話者数が2億6千万人でブラジル、ポルトガル、アフリカ、東南アジアなど多くの国と地域で話されています。ポルトガル語はラテン語から派生した言語で、スペイン語やイタリア語、フランス語とは姉妹語にあたります。ポルトガル語を習得すると、これらの言語も習得しやすくなります。日本語+ポルトガル語=2言語というだけではなく、その広がりは3にも4にもなる可能性を秘めているのです。

  • あらたな視点や考え方を体得

    ブラジルと日本の関係の歴史は古く、日本に初めて伝わったヨーロッパの言語はポルトガル語であり、日本語にはポルトガル語由来の言葉が多くあります。ブラジルには200万人以上の日系人がいて、日本にも20万人以上のブラジル人が生活しています。海外ではもちろん、日本国内でも地方自治体や教育機関などでポルトガル語ができる人材の需要は高まっています。世界各地で話されるポルトガル語を学ぶことで、英語圏とは違う文化や習慣も知ることができ、あらたな視点や考え方を体得することができます。


  • ほとんどの学生が、入学後に初めてポルトガル語を学びます。会話は外国人教員が、文法や読み書きは日本人教員が基礎から徹底的に教えますので、ご安心ください。

  • 到達目標を目安にしてください。本学にはMULC、SALCといった学習施設がありますので、授業時間以外にも語学力を伸ばしていく環境が整っています。

  • ブラジル・ポルトガル語専攻は、英語も同じ比重で学ぶダブルメジャーの専攻です。MULCやSALCなどの学習施設を利用しながら、両方の語学力を養うことができます。

  • 会話の授業では外国人教員がポルトガル語で、文法や読み書きは日本人教員が日本語で教えます。3・4年次になると必修授業を自分で選べるようになり、外国人教員の授業を選ぶとすべてポルトガル語で行われます。