全学科カリキュラム&4つの研究コース

全学科・専攻のカリキュラムをご紹介します。

各学科・専攻以外の言葉を学べる「選択外国語科目」や、幅広い知識と教養を身につける「基礎科目」、その他にもキャリアデザインやインターンシップの授業も用意しています。「研究演習(ゼミナール)」で自らの興味や意欲をより深い学びにつなげ、「卒業論文」に挑戦することも可能です。

4つの研究コース

本学は国際教養人を育成するために「コミュニケーション能力」「異文化理解能力」「専門性」を身につけるカリキュラムを採用しており、研究コースはその「専門性」を習得するためのものです。全学生は専攻を問わず専門とする研究コースを選び、指定科目から24単位を修得します。

  • 言語研究コース

    日本語や外国語の習得ではなく、言語そのものを研究対象としたコース。日本語や専攻する言語のみならず、人間の「ことば」一般について深い洞察力を養い、言語の研究を手がかりにして人間や社会に関する理解を深めていく。

  • コミュニケーション研究コース

    ヒューマン・コミュニケーション、言語コミュニケーション、コンピュータ・コミュニケーションの三つを柱に、コミュニケーションという人間の行為自体を研究対象としている。学生の関心や興味に基づいて研究できるように幅広い講義を用意している。

  • 総合文化研究コース

    日本のほか、アメリカ、中国、韓国、イベロアメリカ、東南アジアの各国・地域に関する文化、思想、歴史、政治、社会について学ぶ。複数の国や地域を比較し、より理解を深めていけるような科目群で構成されている。

  • 地域・国際研究コース

    グローバル化が著しい現代社会の国際情勢や国際関係について総合的に理解を深めるための研究コース。地球規模での社会的課題と、地域社会が抱える課題を学び、自分たちがどのように国際貢献していけるのかを考える。

選択外国語科目

本学では各学科・専攻以外の外国語を選択外国語として学ぶことができます。科目名称は、Ⅰが初級で1年目、Ⅱが中級で2年目の授業を指し、(a)は前期、(b)は後期に開講されていることを示します(上級にあたるⅢが開講されている科目もあります)。

導入・教養科目(全学科共通)

一般的な教養を身につけるために構成されています。言語だけでなく、幅広い知識と教養を身につけることで人間的な魅力を高めることができるでしょう。ぜひ自分の興味のある分野や専門知識を身につけてください。

研究演習 / 卒業研究 / 自由選択科目 / 履修可能な大学院開講科目

ゼミでの演習や、ビジネスインターンシップなど学びを深めることができる科目です。また3・4 年生を対象に、本学大学院言語科学研究科の授業の履修が可能です。履修した場合、自由選択科目として卒業要件単位に充てることができます。