学園祭「浜風祭」

第35回浜風祭テーマは「Ambitions 〜There is always light behind the clouds〜」です。

本学のさまざまな特色ある施設を活用し、外語大ならではの演出を行い、来場者の皆さんには、見る、聞く、食べる、体験するという形で、新しい発見をしていただける神田外語大学の学園祭「浜風祭」です。

ヨーロッパ、イベロアメリカ、アジア、アメリカ、東南アジアなどのエリアをまわるスタンプラリーや、本学自慢の教育施設での撮影スポット、各国の民族衣装を着用しての記念撮影など、例年たくさんのプログラムをご用意しています。サークルのステージパフォーマンスや、各国の伝統料理など100近い団体が出展いたします。

今年の学園祭「第35回浜風祭」は2021年10月23日(土)、24日(日)にオンラインで開催することが決定いたしました。浜風祭実行委員一丸となり、できる限りの浜風祭コンテンツをホームページに掲載すること、また出演団体のパフォーマンスを当日は配信する予定です。ぜひご覧ください。

Ambitions
〜There is always light behind the clouds〜

今年のテーマには、新型コロナウイルスにより失われた希望や情熱を見直す機会となり、困難に立ち向かえばきっと良いことが起きるのだと信じる思いが込められています。
“There is always light behind the clouds”はルイーザ・メイ・オルコットという作家の言葉を引用し、雲の上にはいつも青空があるように、困難に立ち向かえば必ず明るい未来が待っている、立ち止まらずに進むのだという私たちの確固たる決意を表しました。

浜風祭委員長 佐藤加奈恵

浜風祭委員会 委員長挨拶

昨年世の中が大きく変わり、私自身厚い雲に覆われた気分でいました。今年に入りワクチン接種が始まるなど光が見え始めましたが、新型コロナウイルスの余波で今年も浜風祭はオンライン開催となりました。
しかし今年のオンライン浜風祭は、昨年とは一味違います。生配信や、実際に皆様の力をお借りして成し遂げるプロジェクトなどをご用意いたしました。浜風祭後もコンテンツをお楽しみいただけますが、当日10月23日・24日は更に浜風祭をお楽しみいただけます。
ちなみに、今年の浜風祭のテーマが何かご存知ですか?第35回浜風祭のテーマは「Ambitions~There is always light behind the clouds~」です。このテーマには、困難があっても立ち向かえばいずれは明るい未来が待っている、という意味が込められております。是非ともこの浜風祭が皆さんの心を明るく照らすことができることを願っています。
最後になりますが、今回の浜風祭の開催にあたりまして参加してくださった学生の皆さん、ご尽力頂きました教職員の皆様、特設サイトをご覧頂いております、お客様に感謝申し上げます。

メッセージ

学校法人佐野学園
佐野 元泰 理事長

理事長メッセージ

35回浜風祭も昨年に引き続き、オンラインでの開催となりますが、学園祭も状況に合わせて柔軟に形を変えていけることは、とてもいいことだと思います。オンライン開催のメリットのひとつは、今までに浜風祭を訪れたことのない人、遠方で訪れることにできなかった人も、日本中、または世界中のどこからでもアクセスすることができる点かと思います。変化の中でも楽しもうとする皆さんの姿は、私だけでなく、多くの人々に元気や勇気を与えることでしょう。今年の浜風祭のテーマである、「Ambition~There is always light behind the cloud」は、皆さんの気持ちをそのまま表しているように思います。困難な状況でも、決して立ち止まらず、自分たちのやりたいこと、楽しいことに全力で取り組む。まさに、好奇心旺盛で、チャレンジ精神にあふれる神田外語大学の学生らしいテーマですね。オンラインならではの工夫を凝らした浜風祭をとても楽しみにしています。今日まで頑張って準備を進めてきた活動の成果を存分に発揮してください。最後になりましたが、この浜風祭に携わってくださったすべての方に感謝申し上げます。
神田外語大学
宮内 孝久 学長

学長メッセージ

COVID19は収束せず、変異株への対応も未解決だ。ワクチン接種は完璧ではないが今考えられるベストの対策だろう。
自然災害は次から次に発生し地球環境の悪化は止まらない。温室効果ガス対策として太陽光パネルがあるが夜間に蓄電する技術はない。天気予報の精度が上がっても自然災害を防ぐことは困難だ。
その上、日本は少子高齢化で経済成長は停滞し、若い世代は年金を受給できるかわからない。
国際情勢はいつも不安定で母語教育を受ける機会を奪われたり、女性の教育権利を認めない人たちが勢力を伸ばす。
国連に人権問題、国際紛争の解決を期待することには限界があり知恵を絞らねばならない。
僕たちはSDGsを真剣に議論するが難題だらけ。
ああ、どうしたらよいのか判らない。
しかし、明けない夜はないし、"There is always light behind the clouds”は事実であり真実だ。未来を信じ、青空を求めて考えよう。僕たちで未来を創って行くのだ。みんなで考え、議論して解を探そう。