教育イノベーション研究センター(LTI)

教育イノベーション研究センター(Center for Learning and Teaching Innovation)についてご紹介します。

教育イノベーション研究センターは、旧メディア教育センター(MEC)と旧言語メディア教育研究センター(LMLRC)における教育・学習支援及び研究活動を引き継ぎ、変化の激しい時代に対応した革新的な教育・学習手法と環境構築に関する研究・実践に取り組むことを目的としたセンターです。

主な研究・実践テーマとしては、ICTを効果的に活用した授業及び学習プログラムの設計、ICT活用に適した教育・学習環境の構築、データを効果的に活用した学習支援、分離融合型のコンピュータ・サイエンス及びデータ・サイエンス学習プログラムの開発、VRやAR等を効果的に活用した言語学習プログラムの開発、ICTを効果的に活用した日本語学習プログラムの開発、そして社会の変容に適応した中・高大連携学習プログラムの開発などが挙げられます。

当センターにおける研究・実践にあたっては、本学の教職員だけではなく、神田外語グループの教職員、さらには国内外の教育機関との幅広い連携によって、その成果を広く社会に発信し、共有することを目指します。

The Center for Learning and Teaching Innovation (CLTI), replacing the former Media Education Center (MEC) and the Language, Media and Learning Research Center (LMLRC), aims to conduct research and practice on building innovative learning and teaching methods and environments that respond to the rapidly changing times.

The main themes of the Center’s research and practice include the design of teaching and learning programs that effectively utilize ICT, the construction of teaching and learning environments suitable for the use of ICT, learning support that effectively utilizes data, the development of computer science and data science learning programs that are separated and integrated, and the development of language learning programs that effectively utilize new ICT technologies. We are also developing language learning programs that effectively utilize virtual reality (VR), augmented reality (AR), and Japanese language learning programs. Furthermore, we are pioneering cooperative learning programs between junior high schools, high schools, and universities with the goal of adapting education to fit the needs of a rapidly changing society.

In conducting research and practice at the Center for Learning and Teaching Innovation, we aim to widely disseminate and share the results of our research and practice with society. This will be accomplished through extensive collaboration with the faculty and staff of the Kanda Gaigo Group and other educational institutions in Japan and abroad.

センター年報

旧言語メディア教育研究センターでは、同センターによる助成を受けた研究およびその他研究成果・実践報告を毎年1回発行し、1年間の活動報告とともに年報にまとめ、発行してきました。 (オンライン) ISSN 2433-7056

新たに発足した教育イノベーション研究センターは、同年報を引き継ぐかたちで研究・実践の成果を公開する予定です。

The former Center for Language, Media and Learning Research has published annual reports of research funded by us and other research results and practices, along with the report on the year's activities. (Online) ISSN 2433-7056

The newly established The Center for Learning and Teaching Innovation is planning to publish the results of research and practice in the form of succeeding those annual reports.

2020年度執筆者

教育イノベーション研究センター組織

センター長  石井 雅章(グローバル・リベラルアーツ学部教授)
副センター長 今岡 幸美(デジタル戦略チーム)
専任准教授  近藤 秀樹
専任講師   ユアン・ボナー(Euan Bonner)
専任講師   井芹 俊太郎
客員教授   (非常勤) 河添 健
客員講師   高橋 一也
客員講師   (非常勤) 関 かおる
併任教員   青砥 清一(イベロアメリカ言語学科スペイン語専攻 教授)
併任教員   小野塚 和人(国際コミュニケーション学科 准教授)
併任教員   北村 孝一郎(国際コミュニケーション学科 講師)
併任教員   松井 健吾(イベロアメリカ言語学科 スペイン語専攻講師)
併任教員   ライアン・レギー(Ryan Lege)(English Language Institute主任講師)
アカデミックアドバイザー 宮川 繁

お問い合わせ先

神田外語大学 教育イノベーション研究センター(Center for Learning and Teaching Innovation)

〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1 TEL/FAX:043-273-1029