活躍するKUIS在外公館派遣員たち(Vol.33/パキスタン)

“活躍するKUIS在外公館派遣員たち”というテーマで、赴任中または帰国後の様子を紹介するシリーズ第33弾。

元在パキスタン日本国大使館派遣員の山下 拓美さんをご紹介します

山下 拓美さん(国際コミュニケーション学科国際ビジネスキャリア専攻4年生)

元在パキスタン日本国大使館派遣員として勤務

大学で学んだ語学を活かし、何か新しいことに挑戦したいと考え、外務省在外公館派遣員を目指すことを決めました。久保谷先生をはじめ周囲の方々のサポートのおかげで合格することができ、希望していた在パキスタン大に赴任することとなりました。パキスタンでの生活は、赴任以前に想像していたものより過酷ではありましたが、人に恵まれ、公私ともに充実した2年間を過ごすことができました。
駐在中は、河野外務大臣をはじめ、中根副大臣、堀井政務官が訪パされ、また、パキスタン側からもクレーシ外務大臣が訪日するなど、二国間関係が大きく進展しました。受け入れ態勢の構築などで、二国間関係の進展にわずかでも貢献することができたことは、光栄であり、一生物の経験となりました。
派遣員として任期を満了した後は、無事に就職活動を終え、2021年4月から「半導体製造装置」のメーカーで勤務することとなり、入社後はパキスタン駐在で経験したことを活かし、活躍できればと思います。
振り返ってみると、在外公館での経験は私の人生の大きな分岐点、財産となりました。今後試験に合格し、派遣員となる方々も、私と同じような一生物の経験が得られると確信しています。末筆ながら、現在在外公館派遣員を目指している方々を陰ながら応援しています。

パキスタン・イスラム共和国(Islamic Republic of Pakistan)

【外務省HP/一般事情より】
1. 面積:79.6万平方キロメートル(日本の約2倍)
2. 人口:2億777万人(年人口増加率2.40%)(パキスタン統計省国勢調査2017)
3. 首都:イスラマバード
4. 民族:パンジャブ人、シンド人、パシュトゥーン人、バローチ人
5. 言語:ウルドゥー語(国語)、英語(公用語)
6. 宗教:イスラム教(国教)

ニュースカテゴリ