「MAKUHARI BAY-PARK FESTA 24時間公園を楽しもう!」に35名の学生が運営ボランティアとして参加

2021年11月6日(土)、7日(日)の2日間、一般社団法人幕張ベイパークエリアマネジメント(B - Pam)主催の「MAKUHARI BAY-PARK FESTA 24時間公園を楽しもう!」が若葉3丁目公園(千葉市美浜区)にて開催され、本学の学生35名が運営補助ボランティアとして参加しました。

本イベントは、千葉市ナイトタイムエコノミー推進事業として、千葉市の後援を受け、千葉市の方針に則った感染症対策を行ったうえで開催されました。

幕張ベイパークでの過去のボランティア活動を経験した学生が「ぜひ今回も」と参加する姿も多く見られたほか、長引くコロナ禍で人とふれ合う機会がなかったため、住民や子供と接したい、ボランティアがずっとできなかったので今回やってみたい、という理由で参加を決めた学生もいました。

学生たちは、2日間を通し、会場の設営・撤収補助や検温受付、および清掃補助を担ったほか、1日目の夜に行われた、今回のイベント一番の目玉企画で、関東最大級となる1,000個のスカイランタンを千葉市で初めて打ち上げるという、「夜空へ飛ばそうスカイランタン」では、火を使わないLEDのランタンを受け渡しの時間までに1000個準備するのに奮闘しました。

「千」の想いが実際に夜空に「葉」せられた場面では多くのボランティア学生が達成感や感動を味わったようでした。

今回は近隣の高校生のボランティアと一緒になって活動する場面も多くあったようで、彼らが積極的に行動する姿に感化された、と話してくれた学生もいました。

住民の方からは、本学の学生の活動について、見えないところでも黙々と動いてくれて感動した、というお言葉もいただきました。

ボランティアに参加した学生も2日間、様々な場面で住民や子供の笑顔に触れることができ、大変充実した活動となったようでした。

関連リンク

ニュースカテゴリ