サンタクロースイベントに5名の在学生が通訳ボランティアとして参加しました

サンタクロースイベント通訳ボランティア

2018年11月17日(土)~11月26日(月)、本場フィンランドより招致されたサンタクロース(※)が東京を中心に幼稚園や老人ホーム等を訪問する際の通訳として、5名の在学生が活躍しました。
在学生達は、サンタクロースが話した言葉を日本語に訳して各訪問先の方々に伝えたり、逆に訪問先の方々からの質問や疑問点を英語に訳してサンタクロースに伝える役割を担いました。また、通訳だけでなくプレゼントの配布や写真撮影などの運営補助も行い、予想以上の仕事量で忙しそうでしたが、その分様々な人と関わることができ有意義な時間を過ごせたようでした。

訪問先の子供達は、本物のサンタクロースを目の前にしとても嬉しそうでした。


主  催:株式会社YCグループ
日  程:2018年11月17日(土)~11月26日(月)
活動内容:サンタクロースと各訪問先の方々との間の通訳
参加者数:5名

参加学生の活動報告より

  • 通訳を完璧にすることも大事ですが、コミュニケーションを円滑にすることの大切さを知ったので、これからの通訳ボランティア活動においても、そのことを大事にしていきたいと思います。
  • 通訳だけでなく、プレゼントの配布や写真撮影などがあり、その分様々な人と関わることができました。相手に合わせて使う言葉を変えたり、相手の求めていることを察して、自主的に声をかけたりすることが大切だと学びました。
  • 子供が相手の場合、子供目線で笑顔で話すことや子供にわかりやすい言葉に訳す必要があると感じました。

※サンタクロースの招致とは

サンタクロース招致委員会の運営メンバーである株式会社YCグループは、毎年、フィンランドから本物のサンタクロースを招き、日本の子供たちへサプライズを届ける活動をされています

関連リンク

ニュースカテゴリ