活躍するKUIS在外公館派遣員たち(Vol.46/ブラジル)

“活躍するKUIS在外公館派遣員たち”というテーマで、赴任中または帰国後の様子を紹介するシリーズ第46弾。

元在サンパウロ日本国総領事館派遣員の浅利 遥さんをご紹介します

浅利 遥さん(ブラジル・ポルトガル語専攻2018年3月卒業)

大学時代で気づいた、人生に欠かせない豊かさ

この話をする前に、ちょっとおかしな話なんですが、「仕事」というものが未だによく理解できていないなぁと思うことがあります。
これからも人生の様々な場面において、自分で選択しなければならないことが沢山巡ってくると思うんですけど、若い頃に経験する仕事というのは、選択するための判断材料を養う場でもあり、選択肢の幅を広げる場なのかもしれません。
なんでも自分で選択できる自由があった方が楽しい。私が派遣員を目指したのも、海外にいながら日本の組織で働く経験ができ、そこで出会う方々とのご縁でどんな展開を繰り広げることになるのだろうと2年後の自分にもワクワクしたからです。

そんな私ですが、任期中は官房班として、主に出張者の便宜を図ったり、配車業務を担当していました。南米地域やブラジル国内の応援出張にも度々お声がけ頂くことがあり、アルゼンチンとペルー出張では、初めて訪れる国で慣れないスペイン語を駆使しながら現地の方と連絡調整をしたり、他公館から来ている出張者の方々と繋がることができ、思い入れのある経験となりました。

また、サンパウロでは外務省所管の「JAPAN HOUSE」という文化施設が2017年に開館され、任期中は建築家、デザイナー、大学教授、陶芸家など多岐に渡る分野でご活躍される方々の来訪に際して、イベントや展示会の裏側で携わる方々のお話を聞けたり、ブラジルの現代アーティストやデザイナーとの交流が持てたことは、私が元々関心があった世界でもあったので、これからの何かに繋げていきたいなと思っています。
JAPAN HOUSE São Paulo施設内

こうして派遣員の任期満了まで至れたのは、大学の時に気づいたことが影響していると思っているんです。
大学では沢山の方々との出会いと環境に恵まれ、美しいものに触れ、生きるうえで欠かせないことに何となく気づいてしまった。それは「人生はアート」ということなのですが、一見明るい絵画には、決して明るい色だけではなく、暗い色もある。まるで、楽しいことには辛いことも伴うとでもいわれているよう。
人間、様々な感情が行き交う中で、何をみて、何に心を動かされて、どう表現するか。ということでそれぞれの人生が描かれてるんじゃないかと思うんです。そして、その「何か」の対象が自分の好きなものや人であるほど、そこで得られる経験が人生を更に豊かにしてくれる。そのことに気づいた頃から、これからも失わずにしたい感覚だなぁ。と漠然と思っていました。

なので、サンパウロで勤務するにあたり、とりあえず目の前にある仕事をやってみて、その時々で自分がどう感じるかを大切にしてきました。
現実とはちがうもう一人の自分がいて、「環境が変化して社会に出ても同じ感覚を持っているのか」「自分の考え方が一変するとして、どんな重ね方をするのか」という自分自信への問いが常にあったように思います。

派遣員として過ごした2年間、色んな冒険をしてみて、結局のところ、あの時に気づいた「人生はアート」という感覚は変わらなかったし、思いがけない素敵な出会いと自然が魅せる素晴らしい景色との出会いが私の心を奮わせ、人生を豊かにしてくれました。

ブラジルの建築家やデザイナーとの出会い
パタゴニアの氷河

「人生」という作品づくり

漠然と気づいていたけど、まだ不確かだった学生時代の感覚は、社会人を経て確信に変わり、これからは新調した白いキャンバスに、時にはちょいと悲しい色を入れたり、それをまた修正して楽しい色を混ぜてみたりと、私らしい自由な彩りを重ねていきたいです。

そして、自分の人生が多様で多層な一つの作品のようでありたい。
そう描いていくのには、苦労の多い仕事でも、条件の良い楽しい仕事でも、一歩引いて自分をみることは良い経験になりましたし、そのことがいつか活きてくれるんじゃないかと信じて、これからも日々邁進していきます。

最後に、これまで多くの派遣員の輩出に携わり、派遣員の任期満了後も度々気にかけて下さる久保谷先生へ謝意を表して、本記が先生の思い出の1ページとなれば幸いです。

ブラジル連邦共和国(Federative Republic of Brazil)

【外務省HP/一般事情より】
1. 面積:851.2万平方キロメートル(日本の22.5倍)
2. 人口:約2億947万人(2018年 世銀)
3. 首都:ブラジリア
4. 民族:欧州系(約48%)、アフリカ系(約8%)、東洋系(約1.1%)、混血(約43%)、先住民(約0.4%)(ブラジル地理統計院 2010年)
5. 言語:ポルトガル語
6. 宗教:カトリック約65%、プロテスタント約22%、無宗教8%(ブラジル地理統計院,2010年)

ニュースカテゴリ