後期第10週目のオンライン授業に関する学生アンケート集計結果について

本学では、後期も引き続き授業はオンラインを原則として実施しています。後期第10週目の授業を終えたところで、オンライン授業への満足度や意見、後期から一部の授業で導入しているハイブリッド授業(教室での対面とオンライン授業の同時進行)についての考え、理想の授業形態などについて、全学部生を対象に下記の要領でアンケートを実施しました。

ご協力くださった皆様に感謝申し上げます。頂いたご意見は全学で共有し、より良い授業と学習機会が提供できるよう継続的に教員・学生からの意見を収集し、改善につなげて参ります。

アンケート実施期間:11/20(金)~ 11/30(月)
対象:外国語学部全学生
告知方法:キャンパスウェブにフォームへのリンクを掲載
実施方法:Google フォーム
回答数:248名(回答率:7.1%)※少数第二位で四捨五入
*本アンケートの回答データは、個人が特定されないかたちで利用致します。また、学生の成績等に影響を与えることはありません。


集計結果はこちらをご覧ください。


神田外語大学
Innovation KUIS
学長室・オンライン授業支援チーム


なお、オンライン授業用ツールの利用やインターネット接続状況、施設の利用について困っている学生は、下記の情報をご確認ください。

自宅のインターネット環境に不安のある学生、大学施設の利用を希望する学生

6月より、学生の入構制限を段階的に解除しています。後期は、オンライン授業の受講も出来るよう、複数の教室を開放しています。※要事前予約、人数制限あり
教室やほかの利用再開中の施設(自動証明書発行機、キャリア教育センター、メディアプラザ、ASC、図書館、MULC、SALC)の利用時間、予約ページへのリンクは、CampusWeb トップページ(ログイン前)のInformation「各学内施設の利用時間と予約について/Usage Hours and Reservation Links for Campus Facilities」をご確認ください。

対面授業を行う教室の感染症拡大予防対策に不安のある学生

「神田外語大学版新型コロナウイルス感染症拡大予防のためのガイドライン」
以下の、Campus Web「大学からのお知らせ」を確認してください。
[重要] 2020年後期・学内対面授業等ガイドライン(9/10配信)

オンライン授業用ツールや受講のための機器・インターネット接続で困っている学生

以下のオンライン授業支援チーム:お問い合わせ受付フォームへご相談ください。

その他、困りごとがあるが問い合わせ先が分からない学生

事務局各部署へのお問い合わせ先を一覧にまとめています。

その他の学習支援・サポートについて

  • KUISオンライン授業のBBSサイト
    本学の学生同士がオンライン授業に関する悩みや疑問を書き込めるオンライン掲示板を設定しました。CampusWeb上で本学の学生のみにURLをお知らせしています。

  • Google Classroomでのオンライン授業「準備講座」
    Google Classroom上でオンライン授業受講に必要なツールの使い方をレクチャーしています。前期からオンライン授業を受講している新入生(学籍番号320****)には4月18日にメールで、2~4年生へはCampus Web「公開お知らせ」で案内致しました。準備講座のクラスコードが分からない方は、オンライン授業支援:お問い合わせ受付フォームへお問合せ下さい。
    また、後期から復学した学生には、CampusWeb「あなた宛てのお知らせ」にて9月3日に案内致しました。参加がまだの方はご確認ください。

  • ELI(イングリッシュラウンジ、スピーキング、ライティング)
    English Language Institute(ELI)の先生方が、英会話の練習やスピーキング・ライティングの相談をオンラインで受け付けています。
  • SALC(ラーニングアドバイザー相談)
    SALCの先生方が、教材活用法や自分に適した学習方法などを自ら学び取る手助けをしています。
    6月15日より、個人学習、学習教材の閲覧、貸出(学生証必須)・返却のための利用を再開しています。
  • ASC(Qデスク英語相談、日本語ライティング)
    日本人の教員が、英語学習上の相談や日本語ライティングの相談に対応しています。また、オンラインで自宅学習ができるよう、教材の紹介や学習方法のアドバイスも行っています。
    6月15日より、個人学習のための利用を再開しています。
  • MULC(チャットタイム)
    本学の専攻言語である中国語、スペイン語、韓国語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、ブラジル・ポルトガル語の担当教員がそれぞれの地域言語で会話の練習や学習方法のアドバイスをオンラインで行っています。
    9月14日より個人学習、学習教材の閲覧、貸出(学生証必須)・返却のための利用を再開しています。

学習支援ツールについて(用語解説)

  • ・Campus Web
    各授業のシラバスや休講・教室変更、成績、学生個人宛てのお知らせ等の学内情報を閲覧するための学内ポータルサイトで、履修登録もここから行います。

  • ・Google Classroom、Moodle
    授業ごとの資料共有や課題提出を行うためのプラットフォームです。

  • ・Zoom
    Skype、LINEのようにオンラインでビデオ会議を行うためのツールです。リアルタイム型の双方向授業をオンラインで行う際に使用します。

神田外語大学 Innovation KUIS
学長室・オンライン授業支援チーム

ニュースカテゴリ