施設案内 – メディカルセンター

充実した学生生活を送るために、心身両面をサポートする施設です。

ケガや病気の応急処置、気分が悪い時等のベッドでの休養、健康相談、病院案内等を行なっています。

  • ミレニアムハウス外観(5号館)

  • 処置室

  • カウンセリングルーム

  • ベッド

普段からケガや病気に備えましょう

〇よく使用する薬は、外出時も携帯しましょう。(メディカルセンターでは薬はお渡しできません)
〇健康保険証は、急なケガや病気の時にすぐに受診できるように外出時も携帯しましょう。(扶養者と別居していて保険証が個別にない場合は、必ず「遠隔地被保険者証」の交付を受けてください)
〇ケガや病気の時に困らないように、自宅に救急箱を備えておきましょう。
(入っていると便利なもの:体温計、絆創膏、マスク、感冒薬、解熱鎮痛薬、胃腸薬など)

定期健康診断

毎年、学内で健康診断を実施しています。(詳しい日程は KUIS Campus Web でお知らせします)
学生、教職員ともに年に1 回は健診を受ける必要がありますので、必ず受診してください。

〇4月初旬 学部生、大学院生、留学生別科4月生
〇9月中旬 留学生別科9月生、教職員

学生健診項目:身長、体重、視力、血圧、尿、胸部レントゲン、診察

※学生が、やむを得ず学内健康診断を受けられない場合は、「KUIS 健康診断書用紙」(Campus WEB キャビネットよりダウンロード)で近医にて健康診断を受け、Campus WEB で指定する日までにメディカルセンターへ提出してください。

健康診断実施日は、各年度4月1日以降が有効です。
(留学の場合のみ留学出発前に対応できる場合があります。詳細は Campus WEB で確認してください。)

学内健康診断の結果は、4月下旬から、以下で閲覧可能となります。必ず確認してください。
KUIS Campus Web → 学生カルテ → 健康診断結果照会

学校感染症

医療機関で学校感染症と診断された場合は、出席停止となります。

以下の学校感染症による「公欠」と認められるための手続き ①~⑤を守った場合に限り、公欠が認められます。

学校感染症による「公欠」と認められるための手続き (2019 年度から変更あり)

注意:2019 年度から学校感染症公欠手続きの一部が変更になりました。大学指定の「KUIS 登校許可書」以外は公欠と認められません。初診時に各病院の診断書をもらっても認められませんので注意してください。

① 診断後、速やかにメディカルセンターへ電話かKUIS mail で下記内容を連絡する。
※流行時は電話が繋がりにくくなるので、できるだけ KUIS mail で連絡してください。

  • 学籍番号 ・学年 ・氏名 ・居住形態(独居・実家・寮名)・課外活動 ・電話番号
  • 疾患名(インフルエンザは型名まで)・発熱した日(インフルエンザのみ)
  • 診断日 ・医師にいつまで出席停止と指示されたか(※)・現在の状況(自宅療養中、入院中など)

※インフルエンザで、医師から出席停止期間の明確な指示がなかった場合は、下記の基準に従ってください。

インフルエンザ 出席停止の基準(学校保健安全法)
「発熱した日を0日として発熱後5日間、かつ、解熱した日を0日として解熱後2日間を経過するまで」
【具体例】
12/1 発熱日0日
12/2 発熱後1日
12/3 発熱後2日
12/4 発熱後3日 解熱日0日
12/5 発熱後4日 解熱後1日
12/6 発熱後5日 解熱後2日
12/7 登校可(解熱日が1日遅くなる毎に、登校可能日も1日ずつ遅くなります)

② 次回登校日までに再受診し、病院でKUIS 登校許可書(以下PDF)を記入してもらう。
※病院の診断書や旧KUIS 登校許可書は、公欠と認められないので注意。

③ 再登校の際、出席停止期間後の初授業の前に、②をメディカルセンターへ提出し、所定の位置に確認印をもらう。
※メディカルセンター確認印は原本にのみ押印。

④ ③を、欠席した授業の教員人数分コピーする。
※メディカルセンター確認印押印済の原本をコピーすること。

⑤ 各教員へ、③の原本と ④のコピーの両方を見せた上で、コピー1部を提出する。
※「学校感染症の種類と出席停止の基準」表内の第3 種【その他の感染症】は、学校で通常見られないような重大な流行が起こった場合に、その感染拡大を防ぐために、必要がある時に限り、学校医の意見を聞き、校長が緊急措置をとることができるものです。

カウンセリング

臨床心理士によるカウンセリングを予約制で行っています。内容は心や身体に関すること等何でも受け付けています。
詳細は KUIS Campus Web キャビネットをご覧ください。

ハラスメント

本学では、勉学・課外活動・研究・就業上の関係を利用してなされる次のような行為は、すべてハラスメントとみなされます。

1.利益または不利益をほのめかしながら、相手方の望まない行為を要求したり、誘いかけたりすること。
2.相手方に不快な思いや精神的・肉体的・社会的苦痛を感じさせたり、利益または不利益を与えること。

メディカルセンターはハラスメント防止委員会相談窓口です。ハラスメント(いやがらせ)の被害を受けたと思う学生や教職員は、ひとりで悩まず、勇気をもって速やかに相談してください。詳細は KUIS Campus Web キャビネットをご覧ください。

お問い合わせ先

神田外語大学 メディカルセンター

〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1 神田外語大学5号館1階
開室時間:月~金:9:00~11:10/12:10~17:15 土:9:00~11:30
TEL:043-273-1495
E-mail:mc(@)ml.kuis.ac.jp
※メール送信の際はカッコ( )を削除ください。