神田外語大学と関東国際高等学校が国内初、東南アジア3言語における高大連携協定を締結――2月14日(金)に協定式を行う

神田外語大学と関東国際高等学校が国内初、東南アジア3言語における高大連携協定を締結――2月14日(金)に協定式を行う

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)と、関東国際高等学校(東京都渋谷区/校長:ジェームズ・ハーマン)は2020年2月14日(金)に「高大連携協定」の協定式を行います。これは国内初となる東南アジア3言語における高大連携協定となります。インドネシア語・ベトナム語・タイ語コースを有する関東国際高等学校と同3言語専攻を有する本学は、学長の特別講演や授業体験、施設見学など、これまでも頻繁に交流をしてきました。この度の高大連携協定では、高等学校と大学の7年間を通して東南アジアで活躍する人材を輩出すべく、7年間一貫した共同カリキュラムの設計や両校教職員の交流などを検討しています。

ニュースカテゴリ