「第13回神田外語大学インドネシア語弁論大会」結果報告

7月13日(土)に「第13回神田外語大学インドネシア語弁論大会」が本学ミレニアムホールにて開催されました。
今年は「日本・インドネシア間観光開発協力について」をテーマに7大学30名(社会人含む)の参加者が熱弁をふるいました。

コンテストの始めと休憩時間には、本学のガムラン愛好会「Merdeka (ムルデカ)」によるガムラン演奏と伝統舞踊の披露、ガムラン演奏体験ワークショップが行われ、会場は大いに盛り上がりました。

参加校他

大阪大学、神田外語大学、慶應義塾大学、大東文化大学、中央大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学、社会人
【後援】
在日インドネシア共和国大使館
【協賛】
イオン株式会社、大日本塗料株式会社
【協力】
ガルーダ・インドネシア航空、ガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパン株式会社、日本インドネシア語検定協会、ライオン株式会社

結果報告

○総合最優秀賞
 大塚 梨夏子 神田外語大学(カテゴリーC)
○特別賞
 野口 聖樹 中央大学(カテゴリーB)

カテゴリーA(1、2年生)
○最優秀賞(1位)
 柴田 恭佑 立命館アジア太平洋大学
○優秀賞 (2位)
 浮田 響 神田外語大学
 小林 智勇 中央大学

カテゴリーB(3、4年生)
○最優秀賞(1位)
 藤森 優菜 大阪大学
○優秀賞 (2位)
 竹井 錬弥 中央大学

カテゴリーC(インドネシア語圏6ヵ月以上滞在経験者)
○最優秀賞(1位)
 土井 映里奈 神田外語大学
○優秀賞 (2位)
 新井 公佳 慶應義塾大学

カテゴリーD(社会人・一般)
○最優秀賞(1位)
 山口 博紀
総合優秀賞受賞者と特別賞受賞者には日本 ⇔ インドネシア往復航空券と宿泊券が贈られました。また特別賞の受賞者には、大統領官邸での独立記念式典への招待を含む特別プログラムが用意されています。
ニュースカテゴリ