新型コロナウイルス感染症予防対策について/Basic Preventative Measures Against the Spread of New Coronavirus Infections

令和4年9月15日
神田外語大学事務局


神田外語大学では、これまで徹底した感染症拡大予防対策を行ってきましたが、日常生活を取り戻すため、徐々に予防対策を緩和して参りました。しかし、第7波による感染拡大 もあり、基本的な対策は継続しながら、引き続き感染拡大防止に努めて参ります。
Kanda University of International Studies has been taking thorough measures to prevent the spread of the infectious disease but has gradually eased some of the measures in order to restore daily life. However, we will continue to maintain the following basic infection prevention measures to prevent the spread of infection.

  1. 基本的な感染対策は継続する。3密(密閉・密集・密接)の回避、人と人との距離の確保、マスクの着用、アルコール消毒液(手洗い含む)による手指衛生、換気等の徹底。
    Maintaining basic infection prevention measures. Avoid 3Cs (closed spaces, crowded places, closed-contact settings), maintain social distance, wear masks, disinfect hands with disinfectant (including hand washing), and ventilation.

  2. 学生・教職員とも、37.5度以上の発熱がある場合は登校しない。入構時には、アルコール手指消毒を行う。学内で発熱した場合は、直ちに帰宅する。
    Students, teaching and administrative staff are not to come to school if they have a fever of 37.5°C or more. Sanitize hands with disinfectant when entering the campus. Should a person develop a fever while on campus, they should return home immediately.

  3. 学内各所にアルコール消毒液、アクリル板、サーキュレーターを設置し、感染症予防に努める。
    Making use of alcohol disinfectants, acrylic boards and circulators placed throughout campus to prevent infection.

  4. 授業中は、エアロゾル感染に対応するため、換気システムやサーキュレーターによる空気の循環を促進する。授業後は、教室の換気を行う。
    Making use of an automated ventilation system and/or circulators to reduce the risk of infection through aerosol transmission. Ventilate classrooms after use.

  5. ワクチン接種を推奨する。
    Administering vaccination is recommended.

以上

ニュースカテゴリ