高校生・受験生の皆さんへ~外務省在外公館派遣員のすゝめ~

「Team∞」グローカル教養ゼミ
本学に入学する多くの学生は、“学んだ外国語を生かして、海外で活躍したい!” という大きな目標を持っています。もちろん海外で働く方法は様々ですが、その中でも“公的機関で働くにはどうすれば良いのか?” という皆さんには、まずどの様な制度があるのかを理解することが必要です。

その制度の一つに 『外務省在外公館派遣員制度』 があり、2年間という限られた期間とはいえ、学んだ外国語を生かし、在学中でも卒業後でも、国をバックに公の機関(大使館・総領事館等)で働くことが出来、現地の文化・風習・習慣、そして何よりもその国の人たちと触れ合い、異文化を肌身で感じながら共に働くという経験ができます。
加えて自身のその後の人生においても、その経験は大いに役立つものであり、赴任したその国は、あなたにとって第二の故郷となることは間違いないでしょう。

この目標を遂げるには、外国語に加えグローバルな視野と基礎知識も必要となります。本学ではこの制度をキャリア形成のスタートとして、また卒業生にはキャリア・アップのためのリセットの機会として捉え、「Team∞」グローカル教養ゼミを開催し、日本一を目指して志望する学生・卒業生の皆さんに最大限の支援を行っています。このゼミを始めてこれまで80ヵ国・211名が内定し、帰国後も様々な分野で活躍しています。

これから神田外語大学に入学を希望する皆さんには、“言葉は世界を繋ぐ平和の礎” という本学の理念でもあり使命を、皆さんが個々の人生観と価値観において自分流に解釈し、目の前に訪れる予期せぬ様々な機会(Planned Happenstance)にチャレンジし、自力で自分の道を切り開いていこうとする若き逞しい日本人であってほしいと願っています。そして5年後・10年後、またその後の人生においても個々のつぼみを大きく開花させて、たゆまず前に向かって歩んでいただきたいと切に願っています。

グローバル・コミュニケーション研究所
久保谷 富美男(アカデミックフェロー)

外務省在外公館派遣員制度

日本国籍を持つ18歳以上の青年が、海外にある日本の在外公館(大使館、総領事館、政府代表部、領事事務所)に原則2年の任期をもって派遣されるものです。主として外交のサポートや館内事務補佐などの実務面にあたる傍ら、国際社会での経験を積み、友好親善に寄与するというもので、外務省から委託されて国際交流サービス協会が1973年(昭和48年)以来、49年間実施継続している制度です。

“活躍するKUIS在外公館派遣員たち”= 総集編1=

お問い合わせ先

神田外語大学 グローバル・コミュニケーション研究所

Global Communication Institute

〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1 神田外語大学1号館2F
TEL:043-273-2324
FAX:043-273-2324
E-mail:gci(@)kanda.kuis.ac.jp
※メール送信の際はカッコ( )を削除してください。
ニュースカテゴリ