幕張総合高校と留学生別科の交流会を開催しました

2019年6月19日(水)と6月21日(金)の2日間にわたり、千葉県立幕張総合高校と本学の留学生別科の交流会が開催されました。
6月19日(水)には、幕張総合高校の生徒が本学を訪れ、留学生と自己紹介ゲームや伝言ゲームを行い、それぞれの趣味や特技を披露するなどして交流をしました。
その後は、留学生が8号館や6号館、7号館のMULCといった大学のキャンパスを案内し、お互いの学校についての理解を深めました。
2日目の6月21日(金)には、本学の留学生が幕張総合高校を訪問し、交流会を実施。
交流会の初めには、タイのお祈りの文化や、インドネシアの神話についてなど、留学生が自身の出身国についてのプレゼンテーションを行い、会場は笑いや質問で溢れました。その後はグループ別交流会が行われ、留学生と高校生が様々な話題で会話を楽しみました。

交流会後半では、高校生の案内による部活動見学会が行われ、留学生は日本の高校の雰囲気や部活動の練習風景に興味津々な様子でした。

最後には参加者全員で集合写真をとり、名残惜しい雰囲気のなか交流会は終了となりました。

関連リンク

ニュースカテゴリ