出張日本文化教室レポート「書道」Centro de Estudios Japoneses(メキシコ)

5月6日に日本文化教室「書道」を開催いたしました

グローバル日本語センターCentro de Estudios Japoneses(メキシコ)は、本学の協定校であるメキシコのグアダラハラ大学Centro Universitario de los Lagosキャンパスにて、出張日本文化教室「書道」を開催いたしました。
今回は、本学が日本語・日本文化普及のために拠点を置いている協定校・グアダラハラ大学にある外国語外国文化学科日本語コース在籍の学生約30人を対象に書道教室を実施いたしました。San Juan de los Lagos市は、メキシコ第2の都市Guadalajara市の北東約150kmに位置し、人口約7万人程度の地方都市です。同学科は2017年に開設され、日本への留学や日系企業への就職、翻訳家を目指す学生たちが日本語や日本文学・歴史などを学んでいます。現地ではなかなか体験できない日本文化体験として今回「書道教室」を開きました。

初めて筆を持った学生たちは、緊張しながらも講師の指導のもと、基本的な線の書き方を習いました。その後、簡単な漢字をいくつか練習し、最後に好きな言葉を清書しました。参加者の一人Berenice Pérezさんは「とてもおもしろかったです。初めて書道教室に参加しましたが、今までどんな道具を使うか、どうやって筆を使うかも知りませんでした。もっと上手に書けるようにまた受講したいです」と感想を述べていました。

当日は、同学科で講師を務めるRubén Casillas先生(2009年度の本学別科留学生)もご協力くださいました。Rubén先生は現在、同大学の博士課程で「日本の安全保障」について研究されています。「書道教室はとても良い経験でした。学生たちは、書道の練習を通じて、日本語や日本文化を新たに学び、各自の学習に役立てることができます。同時に私たちにとっても文化活動や課外活動の必要性について考えさせてくれるきっかけにもなりました」と語っていらっしゃいました。

本学で日本語を勉強した留学生たちは、両国の絆を深め、次世代の若者の育成にも寄与し母国で活躍しています。今後も本学は世界中で活躍する人材育成に貢献していきます。

グローバル日本語センター/グアダラハラ大学客員講師
鈴木 小百合(Centro de Estudios Japoneses)

Photo Gallery

  • 日本語学科1年の皆さん

  • Ruben先生と学生の作品

  • 満足気な様子

  • 好きな字は「夢」「花」

  • 熱心に説明を聞く学生たち

  • 互いに切磋琢磨する学生たち

ニュースカテゴリ