元在外公館派遣員の在学生を招いて第4回『「Team∞」グローカル教養ゼミ』が開催されました

2022年5月11日(水)に行われた第4回『「Team∞」グローカル教養ゼミ』では、インドにある在ベンガルール日本国総領事館で外務省在外公館派遣員として勤務していた髙階大祈さん(英米語学科4年生)が登壇し、現地での経験を語りました。

髙階さんは、休学して在ベンガルール日本国総領事館で2年間勤務した後、帰国後は本学の4年生として復学。インドでの生活や遠隔での就職活動についてふれ、コロナ禍で制限が多い環境でどのように心を整理し、自己成長に繋げ、乗り切ったのか、多岐に渡るお話がありました。また、終盤の質疑応答の時間では、受講生から数多くの質問が寄せられ、惜しまれながら講義は終了となりました。

神田外語大学グローバル・コミュニケーション研究所における「Team∞」グローカル教養ゼミとは

「Team∞」グローカル教養ゼミは、“「∞」の皆さんが、「∞」の領域(内外)にわたり、「∞」に学び続ける” ことを願ってこの講座名とし、主に外務省在外公館派遣員を目指す全学年の学生を対象に開講しています。内容は以前より開講されていた「+α・β」グローバル教養講座を継承するもので、「+α」と「+β」を融合的に学ぶべく集大成したものです。ここで学ぶ目的は以下のとおりです。
1.文理の枠を超えて、グローカル教養として幅広く、出来るだけ多くの分野を統合したものから学ぶ。
2.自分と異なる多様な文化的背景を持つ人々との出会いの場を自らが積極的に設け、様々なことを語り合うことにより、相手の立場に立って物事を見る目を養う。
3.日本語できちんと筋道を立てて話し・書ける能力の基本を養うと共に、自らがグローバルに発信し、世界の人々にも理解してもらえる説明(プレゼンテーション)力を向上させる。

グローバル・コミュニケーション研究所
久保谷 富美男(アカデミックフェロー)

関連リンク

ニュースカテゴリ