人文・社会科学を英語で学び、アカデミックな英語力を養う

■授業紹介Part1

English for Academic Purposes(EAP)
English for Academic Purposesは神田外語大学の代表的な英語の授業です。「英語科目」であると同時に、「教養・専門科目」との間をつなぐ授業として、社会科学や人文科学などを英語で学び、アカデミックな英語運用能力を高めることを目的としています。SALC(サルク:Self-Access Learning Center)と連携して、神田外語大学の特徴である自立学習能力も養う内容になっています。

英語で考え、ディスカッションしてきた学びの集大成

English for Academic Purposes(EAP)は、アカデミックな英語運用能力を伸ばすために、さまざまなテーマを「英語で」学ぶ授業です。GLA学部の1年生たちは、EAPでたくさんの英語文献を読み、調べ、レポートにまとめてきました。今回取材に入ったのはその第27回目(全30回)の授業。学生たちは第21回の授業から6コマの時間を使って「貧困と犯罪」について学び、クラスメイトたちとのディスカッションを重ねて、自分の研究成果を英語レポートとしてまとめています。今回の授業では、3人でチームをつくり、各自が調べた内容と意見をひとつにまとめて発表する「ポスター発表セッション」を行います。1年間学んできた成果を発揮する授業なのです。

授業はクイズとライティングからスタート

授業は毎回「Vocabulary Quiz」、「Quick Write」というプラクティスからスタートします。「Quick Write」のこの日のテーマは「Do you support the death penalty? Why or why not? (あなたは死刑を支持しますか? それはなぜですか)」。制限時間は5分間です。各自がPCに入力した意見はリアルタイムで全員に共有され、さまざまな考え方にふれることができるようになっています。さらに5分間を使って、他のクラスメイトたちの考えを読み込み、自分の考えをブラッシュアップして、修正していきます。学生たちの意見は、賛成派と反対派が半分ぐらいずつだったようです。

オンラインで共有された意見に、いいね!をつけたり、コメントしたりします。

パネルをつくろう!

ウォーミングアップが終わると、この日のメインとなるポスター発表セッションの準備が始まりました。学生たちは6つのグループに分かれ、GLA Commonsのオープンスペースをフルに使って、自分たちの意見をパネルにまとめていきます。テーマは「The relationship between poverty and crime(貧困と犯罪の関連性)」。それぞれのチームは、自分たちの主張に合わせて「Is there a relationship between poverty and crime?」「Does poverty increase crime?」といったタイトルをつけ、パネルにポイントを記入していきます。プレゼンテーションに向けてイラストを描くなど、自分たちの主張をわかりやすくする工夫も忘れていません。
EPAの授業中は基本的にすべて英語です。パネル作成中はかなり賑やかですが、意見をまとめる議論も、雑談も、聞こえてくるのはもちろん英語。もっとも、議論が白熱して思わず日本語が出てしまい、「Speak in English, please!」と先生のチェックが入ることもありました。しかし、雰囲気はピリピリしたものではなく、学生は「Sorry!」と笑顔で応えていました。

各グループがパネルに意見をまとめていきます。

さあ、プレゼンテーションのスタートです!

およそ40分でパネルを完成させ、いよいよポスター発表セッションの開始です。発表者以外は、違うグループの発表を順番に聞き、評価シートに記入します。発表者は2回プレゼンテーションした後に次の人と交替して、違うグループの発表を聞きに行くということを繰り返します。発表している学生は手元の原稿に目を落とすこともありましたが、しっかりと自分の言葉でプレゼンテーションし、質問にも的確に答えていました。

発表を聞いた学生たちは評価シートに記入し、発表内容をお互いに評価し合います。

OK! Good job! Excellent!

各グループが6回ずつの発表を行い、一巡したところでちょうど授業時間の終了です。「OK! Good job! Excellent! (OK、良い内容でした!素晴らしい!)」という先生の言葉が表すように、密度の濃い90分の授業はあっという間に過ぎていきました。この日につくったパネルの内容は記録され、次の第28回の授業で「リフレクション(振り返り)」が行われることになっています。
EAPの授業に限らず、神田外語大学とGLA学部の教育で最も大切にしていることのひとつが、この「リフレクション」です。学んだことを一度きりにするのではなく、常に振り返りを行うことで、自分が足りなかったことに気づき、修正し、次につなげていく。それが神田外語大学の自立学習の大きな柱となっています。

<Student’s Voice>

加藤大地さん

English for Academic Purposes(EAP)は単語や文法も難しいものが多く、扱うテーマも深く考えなければならないものが多いことが特徴です。テキストを読むだけではなく、ディスカッションをすることで、学んだ内容を自分が本当に理解できているのかを確かめることができます。「テキストを読む」、「ディスカッションをする」、「学んだことをリフレクションする」、「エッセイにまとめる」という4つのステップで学ぶことができるのが、とても良いところだと思います。今日のポスターセッションは、その集大成という感じでした。

世界に流されて生きるのか。世界を変えて生きるのか。

グローバル・リベラルアーツ学部

世界は今、勢いを増して変化している。
その様子を伝えるニュースを見るだけで済ませていないか。
世界のできごとを、ひとごとのように感じてはいないだろうか。
次世代を担う君たちに問われているのは、自ら変化を起こすことだ。
何ができるのか。どう変えるのか。
自分たちの未来を、他人任せにはしたくない。
Global Liberal Arts for Peace
ニュースカテゴリ