2019年度春期 留学生別科・IES開講式(入学式)を挙行しました

2019年3月29日(金)、神田外語大学留学生別科とIESの開講式(入学式)を挙行し、留学生別科49名、IES 24名の新入生が参加しました。
始めに宮内孝久学長より「多様性を受け入れ、互いを尊重することはとても大切です。たくさんのことに興味をもって、言葉や文化の違いを楽しんでください。みなさんの留学生活が安全で楽しく、充実したものになるようサポートしますので頑張ってください」と激励をいただきました。
続いて、留学生別科長の岩本遠億教授より「別科では様々な世代の日本人と触れ合う機会を設けています。そのような機会を通して、ぜひ日本の人びとを好きになってください」との祝辞をいただきました。
また、IES東京センターのケイレブ・フォール代表からは「“言葉は世界をつなぐ平和の礎”という神田外語大学の建学理念を、みなさんの留学生活の中で実現させてください」とのお言葉をいただきました。
留学生別科在学生代表として、セビーリャ大学(スペイン)の交換留学生LOPEZ ROMERO PABLOさんから「サークルやイベントに参加するなど、日本人学生と同じように生活してみることをお勧めします。そうすることで日本の習慣を理解することができます。これから一緒に日本での生活を楽しみましょう」との歓迎のスピーチが送られました。
それを受けて、留学生別科新入生代表でハノイ大学(ベトナム)の交換留学生のHOANG THU TRANGさんから「日本語の勉強はもちろんのこと、たくさんの友だちを作って日本での生活を楽しみたいです」と抱負が述べられました。
最後に、授業を担当される留学生別科の先生方からご挨拶をいただき、開講式は終了しました。
まもなく授業が始まります。神田外語大学では、留学生と日本人学生が一緒に学べる授業や制度を用意し、国際交流の機会提供に取り組んでいます。
留学生別科新入生 集合写真
IES新入生 集合写真
ニュースカテゴリ