河合裕美先生のご著書『きいて・みて・まねて覚える英語の音』が大修館図書より刊行

この度、河合裕美先生(児童英語教育センター・副センター長)のご著書「きいて・みて・まねて覚える英語」が大修館図書より刊行されました。

内容紹介

ユニバーサルデザインの指導にも対応! 小中での音声指導の基本テキスト

小学校・中学校の英語指導における、音と文字のつながりを学ぶ段階で使用するための動画教材。構成要素としては、以下の3点からなる:①動画を視聴して音の特性を理解し、まねをして発音するための動画教材(10回分、各約15分)、②①を授業で利用するための指導書(本書)、③①で使用する絵カードのデータ。動画は15分ほどの短いものが5つのパートに分かれており、教員が指導・自己研修に活用できる。動画、本文中の英文の音声、絵カードについては、誌面に掲載のQRコードからダウンロードできる。(大修館図書HPより)

目次

動画の内容構成 前見返し
動画で使用している語彙 後ろ見返し
はじめに

第1章 英語の音声指導の基本
[1]日本語と英語の音声の違い
[2]英語の音声の特徴
[3]子どもへの音声指導法
[4]指導の際の留意点――英語音声を学ぶ環境作り――
[5]体系的に指導計画を立てよう

第2章 付属動画を使った指導内容解説[第1回~第10回]
[1]付属動画 第1回の内容
[2]付属動画 第2回~第10回の内容

第3章 音声指導や教員研修での実践活動例
[1]絵カート教材を準備しましょう
[2]アルファベット発音の指導
[3]アルファベットジングル〔初級編〕
[4]アルファベットジングル〔中級編〕
[5]音素認識能力を伸ばす活動
[6]発音指導で使えるさまざまな活動
[7]音韻認識の指導で使える活動
[8]音節の明示的な指導
[9]絵本を使った低学年向けの音声指導
    絵カード単語リスト


付録1 音素認識文字対応ワークシート
付録2 Onset & Rime ワークシート

関連リンク

ニュースカテゴリ