留学生別科が幕張総合高校とオンライン交流会を行いました

本学留学生別科では、地域交流活動事業の一環として、定期的に幕張総合高校と交流会を実施しています。昨年から続く新型コロナウイルス感染症の影響により延期が続いていましたが、2021年12月2日(木)にオンライン形式で交流会を再開することができました。
交流会には、7つの国と地域からアクセスする留学生別科オンラインプログラム受講生18名、そして高校生36名が参加しました。

今回はオンラインツール(Padlet)を使用し、共有された資料への質問やコメントなどで事前交流を行いました。当日は、別科生代表が作成したベトナムのお茶や中国の花火大会に関する事前プレゼンテーション動画に対して、活発な議論が交わされました。また、日常生活に関するアンケート調査を行い、異文化に対する理解を深めました。高校生からは学校での一日や行事、部活などの紹介があり、別科生からは制服や文化祭、お弁当のことなど多くの質問がありました。

別科生は海外からオンラインで授業を受講する状況が続いていますが、実際の高校生活を知ることができ、大変貴重な機会となりました。

関連リンク

ニュースカテゴリ