神田外語大学・市川高等学校 高大連携企画「グローバル・イシュー探究講座」を開講

神田外語大学・市川高等学校 高大連携企画「グローバル・イシュー探究講座」を開講

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)は、市川高等学校(千葉県市川市/校長:宮﨑章)とグローバル・イシュー探究講座を5月より開講しました。これは、現代の国際社会における地球規模の課題(グローバル・イシュー)について、持続可能な開発目標(SDGs)の本質を理解し、世界の現状に関する英語の一次資料・文献をベースにしながら、解決に向けた方策を探究し、英語で発表することをゴールとする講座です。5月8日(土)と6月5日(土)に実施した講座では、事前課題を含む講義とディスカッションを通し、SDGsが目指す世界像についての理解と世界を取り巻く現状について、国際機関のデータに触れながら意見を交え、理解を深めました。今後の講座では、各グループが担当する具体的なグローバル・イシューについて、英語の論文や一次データを活用しながら、学問的な手法に基づいて客観的に探究する力を身につけます。さらに、探究の成果をまとめ、英語のプレゼンテーションでアウトプットします。最終プレゼンテーションの機会として、福島県羽鳥湖高原にある、神田外語グループが運営する宿泊施設兼国際研修センターのブリティッシュヒルズでの宿泊研修を予定しております。英語を公用語とする学習環境の中、自らの探究成果を英語でプレゼンテーションするための技法・表現方法を身につけます。
ニュースカテゴリ