怪談の夕べを開催しました

ミレニアムハウスでは6月13日(水)に、「怪談の夕べ」を開催いたしました。

このイベントでは、3つの朗読、1つの演劇を通して多くの参加者の方々に怪談のおどろおどろしさに触れていただきました。 朗読は本学の演劇の授業をご担当いただいている野崎美子先生の「破られた約束」(小泉八雲 訳:上田和夫)「猿の手」(W.W.Jacobs 訳:倉阪鬼一郎)森田等先生の「風の神」(京極夏彦)、演劇は当大学の演劇サークル劇団輪座のオリジナル作品「嘘が本当で本当が嘘で」を上演いたしました。 上演中は出演者の息も付かせぬ演技に緊張感漂う客席でしたが、終演後の舞台挨拶では会場は温かい拍手に包まれておりました。

今後の予定

~写真と講演と朗読で知る~ ブリティッシュヒルズの生き物たち
【写真展】 夏:6月25日(月)~7月26日(木) ※平日9:00~19:30、土曜9:00~17:00 ※事前のお申し込みは不要です。 【夏のサイエンスカフェ】 日時:7月3日(火)14:50~16:20 講演テーマ:ブリティッシュヒルズの昆虫/きのこと植物の不思議な関係/マルハナバチが来る庭を目指して 朗読:『寒い国の花』(開高 健) 講師:飯島 明子(講演)/野﨑 美子(朗読) 参加費:神田外語大学生・教職員無料、一般2,500円、聴講生・卒業生・神田外語大学以外の学生1,500円 ※要事前申し込み。

関連リンク

ニュースカテゴリ