2021年度前期の授業日程およびオリンピック・パラリンピック大会運営ボランティア参加者に対する配慮について/Schedule of Classes for the New Term, and Considerations for Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Volunteers

2021年度前期の授業日程およびオリンピック・パラリンピック大会運営ボランティア参加者に対する配慮について


English translation will follow after Japanese. Click here to jump.

2021年4月9日
神田外語大学
学長 宮内 孝久


在学生の皆様

2021年1月21日付け「新年度の授業実施方針について」において、感染防止対策を徹底して行なうことを原則として、対面形式による授業再開の方針を立てました。

この方針は、緊急事態宣言の有無にかかわらず、国から休校要請等がないかぎり、変えることはありません。授業によってはオンライン形式を継続するものもありますが、対面形式による授業が行なえるように、まずは4月の学内行事(例えば、入学式、各学年ガイダンス、健康診断、フレッシュマン・オリエンテーションキャンプなど)の開催日を増加・分散させ、キャンパス内での感染症拡大に注意を払いながら、感染防止対策を効果的に施せるようにしました。しかしながら、ワクチンが十分行きわたらない状況下で基礎疾患を抱える方や、高齢者と同居する方においては、対面授業の参加が難しくなることと思います。コロナ禍では対面授業を受けることが難しい学生でも、対面授業と同じレベルの教育が受けられるよう、ハイブリット型・ハイフレックス型の授業をする準備をしています。ハイブリット型・ハイフレックス型の授業は、オンラインのみ、もしくは対面のみの授業よりも非常に多くの準備を要します。このような課題を考慮に入れながら調整を重ねた結果として、2021年度前期の授業は例年よりも約2週間遅い、4月19日(外国語学部は20日)より開始することに決定しました。

2020年度前期は、オリンピック・パラリンピック大会の運営ボランティアになるべく多くの学生が参加できるよう、政府からの要請もあり、授業期間を15週から13週へ変更し、減らした2週分の教育課程は自主学修で補うことにしました。しかし、オリンピック・パラリンピック大会の延期が決定し、2021年度は、政府や組織委員会、企業から授業を「公欠」にしてほしいとの要請はありません。また、ほとんどの企業では、現時点で活動期間を何日以上と指定していても、日程調整可能としています。このような状況の中で、オリンピック・パラリンピック大会に関わるボランティア活動だけを特別に扱うことはせずに、2021年度前期は、オリンピック・パラリンピック大会開催の可否にかかわらず、例年通り授業を15週行うものとします。

「言葉は世界をつなぐ平和の礎」を建学の理念に掲げる本学にとって、学生生活におけるボランティア活動の経験は必要不可欠な学びの場であると認識しており、先生方には、オリンピック・パラリンピック大会に運営ボランティアとして参加する意義・目的への理解を深め、学生が主体的に参加するボランティア活動に対して配慮(教育効果が高いと認めた場合に、欠席した授業の代替となる学習課題を課すなど)していただくよう依頼しています。ボランティア活動日が履修を予定している授業日に重なりそうな方は、ボランティア登録先と日程調整の相談をし、どうしても活動日の調整が難しければ履修登録締め切りまでに授業の担当教員に相談するようにしてください。

新年度を迎える皆さんが充実した学生生活を送れるよう、これからも教職員一同サポートしていきます。


Schedule of Classes for the New Term, and Considerations for Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Volunteers



April 9, 2021
Takahisa Miyauchi
President
Kanda University of International Studies


To All KUIS Students,

In the January 21 message, “Regarding the Policy on Classes in 2021,” we laid out the university’s plan to recommence in-person classes, including our strategies to thoroughly implement infection prevention measures.

Unless schools are asked to close by the Japanese government, the university intends to commit to this plan, regardless of the issuance of further emergency declarations. While some classes will continue to be offered online, the university is preparing for on campus lessons by holding certain on-campus events in April multiple times (such as the entrance ceremony, guidance for each year’s cohort of students, health checkups, Freshman Orientation, etc.) in order to spread out students during their visits to campus and therefore reduce the risk of infection. However, we recognize that with the vaccine currently in limited supply, students living with elderly or high-risk family members may not wish to participate in in-person classes. For students who prefer not to take in-person classes due to concerns related to COVID-19, the university is currently preparing for “hybrid” or “HyFlex” lessons. Hybrid and HyFlex lessons require even more preparation than in-person or online-only lessons. Therefore, to accommodate the need for additional preparation time, the spring 2021 term will begin two weeks later than usual, on the 19th of April (20th of April for the Faculty of Foreign Languages).

Last year, at the request of the government, we adjusted our term length from 15 weeks to 13 weeks to enable more students to volunteer in the Olympic and Paralympic Games. The remaining two weeks were to be made up through independent study. However, this year we have not received a similar request from the government, Olympic and Paralympic Organizing Committee or organizing companies to treat absences from class due to volunteering as “Officially Authorized Absences.” Furthermore, the majority of volunteer organizations will allow students to adjust their schedules, regardless of how many days you have committed to working. Considering present circumstances, the university will not be treating volunteer activities as excused absences, and will hold a 15-week academic term regardless of whether the Olympic and Paralympic Games will be held.

However, our university was founded upon the principle that “Languages are the foundation to link the world in peace,” and we believe independent volunteer activities are an invaluable opportunity for students’ learning. We are asking teachers to recognize the significance of volunteering at the Olympic and Paralympic Games, and to give consideration to students taking the initiative to volunteer (by, for example, offering alternative assignments if the student should miss class due to an educationally valuable volunteer opportunity). If your volunteer activities might conflict with your class schedule, please contact your volunteer organization to adjust your volunteer schedule. If it is not possible to reschedule your shifts, you will need to contact your teacher prior to the registration deadline to discuss whether they can offer alternative arrangements.

The faculty and staff wish everyone a fulfilling student life, and will be working together to support you for the new academic year!
ニュースカテゴリ