本学イベロアメリカ言語学科Sanz Rivera Arsenio准教授が日本文化の紹介をし、スペインカナリア州デルデ市役所より感謝の言葉をいただきました

写真は、スペインのカナリア州テルデ市にて初めて造られた日本庭園です。長い間、サンス先生は日本文化の本を訳したり、日本文化や日本語とスペイン語の翻訳、通訳についての講演会をしてきました。
本学のサンス先生は、テルデ市長エックトル スアレス モラレス様と日本庭園の計画をしたり、そのデザインをしたペドロ フレイタス様からの依頼で参加しました。掛物(または掛け軸)本を訳したり、日本文化についてアドバイスをしたりもしていました。
その活動は様々なソーシャルメディアやマスメディアにも取り上げられ、たくさんの感謝の言葉をいただきました。

新聞記事内に本学への感謝の言葉が書かれています(スペイン語)

el Sr. Arsenio Sanz Rivera, profesor titular del Departamento de Estudios Iberoamericanos de la Universidad de Estudios Internacionales de Kanda, en Japón. Su inestimable ayuda en el acercamiento y la comprensión de la cultura japonesa a través de su labor de intérprete del maestro Hatsumi Masaaki y traductor de numerosas obras en japonés ha supuesto para nuestra comunidad un acceso directo y auténtico a la cultura japonesa, superando las barreras lingüísticas y culturales. más allá de cualquier frontera.

写真左より
テルデ市役所の街づくり部「土木と自然環境課」の評議員アルバーロ フアン モンゾン サンタナ様
デルデ市長エックトル スアレス モラレス様
在スペイン日本国大使館在ラスパルマス日本領事所長 三輪 能弘様
日本庭園をデザインしたプペドロ フレイタス様
ニュースカテゴリ