笛から学ぶ日本の芸能/笛の体験ワークショップを開催しました

ミレニアムハウスでは、5月29日(火)に学生を対象とした「笛の体験ワークショップ」を開催いたしました。

講師としてお越しいただいた望月 美都輔(もちづき みずほ)先生の模範演奏から始まり、空気を切り裂くような「能管」と、対照的に優しい「篠笛」の音色の違いを味わいました。

その後は、童謡「ほたる」を課題曲として演奏体験を行うとともに、笛が登場する日本の芸能や、その歴史についても学びました。
望月 美都輔(もちづき みずほ)先生

参加者の感想

普段西洋の音階に慣れているので、和楽器の音色は日本人だけど新鮮だった。
西洋の音階と和楽器がコラボレーションしたら面白そう。
(英米語学科3年)

高校時代にどれだけ練習してもなかなか音が出せなかったが、今日プロの方に教わって吹けるようになったので嬉しい。
(アジア言語学科タイ語専攻3年)

関連リンク

ニュースカテゴリ