神田外語大学が THE 世界大学ランキング日本版 において総合 33位 にランクイン

神田外語大学が THE 世界大学ランキング日本版において総合 33 位にランクイン
教育充実度、教育成果、国際性の 3 項目で高い評価

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)はこのたび、イギリスの高等教育専門誌『THE Times Higher Education』と株式会社ベネッセホールディングス(岡山県岡山市/代表取締役社長:安達保)が作成した「THE 世界大学ランキング日本版 2018」で総合33 位、全国私立大学中 11 位にランクイン。昨年 46 位から上昇する結果となりました。同ランキングは、教育リソース、教育充実度、教育成果、国際性の 4 つの視点で、大学選びに影響力を持つ高校教員や企業人事によって評価が行われます。同大は 3 つの項目において高い評価を受け、開学以来「高度な語学運用能力」と「グローバル社会で活躍するためのコミュニケーション能力」を身につけた人材の輩出に注力してきた結果が評価されました。

ニュースカテゴリ