大学院 言語科学研究科

言語と言語教育のスペシャリストを育てる

「言語とは何か」という問いは、「ヒトとは何か」という人間の本質に通じる問いです。大学院では、言語の音、語彙、意味、文法やその運用など、言語の仕組みや体系について探究するとともに、母語以外でコミュニケーションすることの意味や、言語教育のあるべき姿について、理論と実践から迫ります。グローバル化が進み、第二言語、第三言語の習得の重要性が増している中、言語指導技術や、教材の開発も急務になっています。このような時代に対応するため「言語科学研究科」では、中学校・高等学校のほか様々な英語教育、日本語教育の場で、指導的役割を果たすことのできる人財を育成します。博士前期課程には英語学専攻と日本語学専攻があり、それぞれの言語・言語教育の専門家を養成します。

博士前期課程(修士課程)日本語学専攻

日本語や日本語教育に高度な専門知識でアプローチ

博士前期課程(修士課程)英語学専攻

英語教育のプロを養成するTESOL学位プログラム

博士後期課程(博士課程)言語科学専攻

修士課程で培った専門分野への興味をさらに深めるとともに、より広い視野に立ち、国際的にも指導的役割を果たすことのできる言語研究と言語教育の専門家の育成をめざしています。