本文のエリアです。

海外からの留学生の声


常時200 名の留学生がいる神田だから学内で国際交流が体験できます。

留学生別科の友人たちと北海道旅行。

留学後、ジャカルタに戻ったら、
大使館で働くのが、私の夢です!

交換留学の期間も半分が過ぎ、「もう帰りたくない」って思うくらい神田が大好きです。今は幕張本郷国際寮で生活していますが、寮生の半数以上は日本人。毎晩一緒にご飯を食べながら会話する時間が楽しくて、日本語の練習にもなっています。課題でわからないところがあったときには、寮の友達が優しく教えてくれるのでとても助っています。インドネシア語専攻の友達とはMULC(マルク)でお昼を一緒に食べたり、休みの日には遊びに行ったりしますが、会話はいつもお互いの言語が混ざり合っていて、周りから見るとすごく不思議かもしれないですね。でも、そんな会話のおかげでお互いのボキャブラリーがかなり増えました。

Jennifer Sarah(ジェニファー・サラ)さん

インドネシア、ジャカルタのリア外国語大学からの交換留学生。
千葉県在住外国人の日本語スピーチコンテストでは優秀賞、観客賞のダブル受賞を果たす。

韓国料理店で、仲の良い友人たちとの楽しい時間。

いつかは日本でゲーム翻訳がしたい。
まずはスペイン語教師になって、
日本語力を磨きます!

高校生のときに日本のマンガを読んで、日本という国に興味が湧きました。それをきっかけに日本語を学ぶようになりました。日本語を勉強するうちに将来は日本で働きたいと思うようになり、そのための第一歩としてこの留学を決めました。神田では、授業の合間にMULC(マルク)でお手伝いもしています。そこではスペイン語の宿題の相談にのったり、スペイン語を教えたりするのが私の仕事。また、日本の児童書をスペイン語に翻訳してラテンアメリカの子どもたちにプレゼントする活動にも参加して、翻訳のチェックもしています。日本語の勉強も大切ですが、自分の母語を相手に分かりやすく教えるということはなかなか難しくて、僕にとっても良い勉強になっています。

Eric Franco Cuenca(エリック・フランコ・クエンカ)さん

スペイン、バルセロナの大学からの交換留学生。
将来は日本に住み、ゲーム翻訳の仕事をするのが夢。



ページの先頭へ