姉妹校・神田外語大学で異文化体験をしました

2018.06.01

SONGKRAN(ソンクラーン)~姉妹校・神田外語大学で異文化体験~

4/21(土)、アジア/ヨーロッパ言語科タイ語コース、ベトナム語コースの学生たちは、姉妹校・神田外語大学の学食「食神」にて行われたソンクラーンというイベントに参加しました。
参加した学生たちは、神田外語大学の学生や教員たちと異文化体験を通じて、交流を深めました。
さらにイベント終了後には、神田外語大学の広報部長より、学内をご案内いただきました。神田外語大学への編入学をめざす学生たちは、大学生生活を思い描き、それぞれの言語を学ぶ意欲がますます向上した様子でした。

SONGKRAN(ソンクラーン)

SONGKRAN(ソンクラーン)とはタイにおける旧正月のことで、旧暦の新年をお祝いする行事です。

仏像だけでなく、目上の方々、僧侶の手に水をかけ、お清めし、感謝を表します。

近年、タイの街中では壮烈な水のかけ合いが行われています。

プログラム ① 仏像のお清め

自分の生まれた曜日の仏像に水をかけ、お清めします。

神田外語大学タイ語専攻、神田外語学院タイ語コース教員であるMongkolchai Akrachai先生より、仏像のお清め方法を学びました。

プログラム ② 目上の方への水かけ

タイでは目上の方への尊敬の気持ちを表し、手に水をかけます。

プログラム ③ タイダンス

神田外語大学のタイ語専攻の学生や留学生たちが、伝統音楽と伝統舞踊を披露しました。

神田外語学院のタイ語コース教員である平田晶子先生もステージに登場し、大学生たちと一緒に踊りました。

▲ タイ語コース 平田晶子 先生

プログラム ④ ミスソンクラーンコンテスト

イベント参加者の投票により決定する「ミスソンクラーン」。僅差の熱い戦いとなりました。

食神(しょくじん)

神田外語大学のアジアン食堂「食神」ではアジアの国々の食文化にふれることができます。

学生たちはたくさんあるメニューに迷いましたが、もちろんタイ料理をいただきました。

関連リンク