タイ語コースภาษาไทย

政治・経済・文化など幅広い面で日本と緊密なタイ。“微笑みの国”タイと日本を繋ぐ人材を育成します。

日本とは、600年以上にわたる交流の歴史があるタイ。伝統的に友好関係を維持し、政治・経済・文化など幅広い面で緊密な関係を築いてきました。日本企業の進出や投資によって経済関係はさらに深まり、タイにとって日本は最大の貿易パートナーでもあります。タイ語は独自の文字を持ち、5つの声調が織り成す耳に心地良い音とリズムが特徴です。外国の植民地支配を受けることなく、独自の文化を歩んできたタイ人の気質やその背景にある文化・歴史を言語とともに深く学びます。

アジア/ヨーロッパ言語科タイ語コース

 

タイ語コースで学ぶメリット
  • タイへの日系企業進出数 1,772社
    2019年時点でのタイへの日系企業進出数は1,772社。タイ商務省に登録されている日系企業数は8,890社に上ります。
    ※日本貿易振興機構(JETRO)「タイ」(2019年)
  •  

  • 日本は大切な貿易相手国
    タイの貿易相手国を調べると、輸入相手国として日本は中国に次いで2位、輸出相手国としては、中国、アメリカに次いで3位となっています。ビジネスのうえでも日本とタイは大切なパートナーなのです。
    ※在タイ日本国大使館「日タイ関係」(2017年)
     

  • 高い日本に対する好感度
    20ヵ国・地域で実施した「日本に対する好感度ランキング」によると、タイは、インドネシア、フィリピン、ベトナム、台湾に並び、日本に好感を抱いていることがわかりました。
    ※電通「ジャパンブランド調査」(2019年)
ニュース
神田外語学院 アジア ヨーロッパ言語科 タイ語

とにかく現地を訪れて学んでほしい。得ることがたくさんあります。

タイを訪れると、日本でお馴染みの企業やショップの看板であふれていることに驚くでしょう。日本人の勤勉さ、高品質な日本製品など、タイの人々は日本という国に対してとても大きな信頼感を抱いています。また、タイの人々はとてもオープンな性格で、日本とはまた違った温かさに満ちあふれた国です。とにかく現地を訪れて学んでほしいと思います。言語運用能力の上達はもちろん、タイでの出会いや経験は、あなたの価値観に大きな影響を与え、海外で働くなど、将来の可能性も大きく拓かれることでしょう。

Nantiya Uchino 先生
Lampang, Thailand
杏林大学大学院、Ramkhamhaeng University
各学校・企業での研修、通訳担当

言語と文化を学ぶ

アジア/ヨーロッパ言語科タイ語コース

1年次1学期~2学期
-言語-
文字・文法・声調などを基礎から学び、実用的にタイ語を運用できる力を身につけます。特に難しい発音習得は、繰り返し練習を行います。
-文化-
歴史・習慣・食・政治・宗教など、言語とともに文化背景も学びます。約半年間の「文化・語学実地研修(留学)」を前に、一人ひとりが現地での研究テーマを決めます。

 

■ 東南アジア文化・企業研究
タイで活躍できる人材を育成するため、政治や宗教、そして経済や企業などビジネスについても学びます。

文化・語学実地研修

アジア/ヨーロッパ言語科タイ語コース

1年次3学期~2年次1学期
タイ語にさらに磨きをかけ、現地での生活や校外アクティビティを通じてタイの文化への理解も深めます。留学前に定めた研究テーマの現地調査も行います。
※ 研修費用約50~60万円(渡航費、滞在費、保険料など)。現地授業料は神田外語学院の学費に含まれます。

アジア/ヨーロッパ言語科タイ語コース

ブラパー大学

1955年にバンセーン教育(単科)大学として設立され、1990年にブラパー国立大学へと改名しました。現在では人文、科学、テクノロジー、健康など多くの分野で、40以上の学士課程と20以上の修士課程の学位を授与している総合大学です。敷地内には、海洋生物研究所として30年前にオープンした水族館があります。

めざす資格

実用タイ語検定試験3級以上、チュラロンコーン大学タイ語能力試験中級以上、TOEIC®650点以上、実用英語技能検定2級以上、ビジネス能力検定ジョブパス2級以上、コンピュータサービス技能評価試験(ワープロ・表計算部門)2級以上

主な進路

【就職】ACN、ANAエアポートサービス、ANAテレマート、As-meエステール、JALナビア、JTBグローバルマーケティング&トラベル、KANSEI CO.,LTD. (タイ)、SMC、旭情報サービス、アルプス物流、岩井化学薬品、オンワード樫山、花王カスタマーマーケティング、近鉄エクスプレス、警視庁、国際開発、三陽商会、陸上自衛隊(自衛官一般曹候補生)、トヨタカローラ千葉、内外日東、日新堂、日鉄住金物流君津、日本通運 海運事業支店、日本郵便、日本旅行、羽田旅客サービス、びゅうトラベルサービス、富士ソフト、ホテルオークラアムステルダム、マンダリン オリエンタル 東京、三越伊勢丹、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン、ユーシーカード、優正企画、ユニマットプレシャス、ラルフ ローレン、リンテック

【大学編入学】阪大学、神奈川大学、関西外国語大学、神田外語大学、北九州市立大学、京都外国語大学、駒澤大学、滋賀大学、大東文化大学、都留文科大学、東京外国語大学、日本大学、文教大学、法政大学、山形大学

※ アジア/ヨーロッパ言語科全7コースの実績
※ 2018年~2020年卒業生実績、一部抜粋

カリキュラム・時間割

1コマ90分の授業を週1回1学期間(16週)行うものを2単位とします。卒業に必要な単位数/138単位(2,208時間) です。

共通科目と選択科目を履修する学科です。

RECOMMENDATION