ぜひ読んでほしいオススメ記事

難関国立大学・私立大学も! 900名以上(直近3年)の合格実績をご紹介

子どもが大学全落ちした時に残る6つの選択肢とお勧めする親の接し方

大学 全落ち
当ブログにおける情報について
当ブログにおける情報は2020年5月15日時点の情報をもとに記載しておりますが、新型コロナウイルスの影響により大学入試情報や編入学情報(募集人数・実施内容・難易度等)に今後変化が生じる可能性があります。予めご了承ください。状況に変化が生じた場合、情報の更新を行っていく予定です。

「自分の子どもが受験で全ての大学に落ちてしまった・・・」

自分の子どもが一生懸命頑張ってきたのに、受験でどこの大学にも合格できなかった時、見ている親の方もとても悲しい気持ちになってしまいますよね。どんな言葉をかけて良いかもわからなくなってしまうと思います。

ただこのタイミングで親である皆さんが取り乱してはいけません。なぜなら落ちた本人は次の春から何を目指して、どのように動いていくのか、ほんのわずかな時間の中で視野狭窄のまま選択を迫られるからです。

 

お子さんがついやけになって「もういい、就職する」「フリーターになる」など、心にも思っていないことを言ったりしてしまうこともあります。お子さん自身が冷静になり、ベストだと思える選択肢をとるためには、親御さんの冷静かつ温かいサポートが欠かせません。

また同時に親がしっかりサポートするためには、「子どもにどんな選択肢があるのか」「どのように接してあげる方が良いのか」、理解をしておく必要があります。

本記事ではその「選択肢」と「接し方」について詳しく解説していきます。お子さんの未来について一緒に考えていくにあたり、参考になれば幸いです。

1.大学全落ちした時、どんな選択肢があるのか

大学全落ちしてしまった時の選択肢としては、大きく以下の6つが挙げられます。

大学 全落ち 選択肢

この中でお勧めなのは「1.浪人」か「2.専門学校進学」のどちらかです。理由としてはこの二つの選択肢は将来の進路の幅が広がりやすいからです。3~6の選択肢も含めて、それぞれ詳しく解説していきます。

1-1.浪人する

大学 全落ち 浪人【メリット】
選択肢としては真っ先に思い浮かぶのは浪人することでしょう。大学生になる夢を諦めずにすむのは大きなメリットです。

【デメリット】
1年という時間と、予備校等に通うのであれば費用(約100万円程度)がかかるのがデメリットです。また浪人は体力的にも精神的にも非常に負担が大きくなります。


進路アドバイザー安孫子

勉強の仕方や志望校の選び方が悪く、浪人を重ねてもうまくいかない人もいます。浪人をお勧めできる人と、そうでない人をこちらの記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

1-2.専門学校に進学する

専門学校進学【メリット】
専門学校で学べば、就職に役立つ専門スキルを身につけることができます。またそれだけでなく、4年制大学への編入学を目指すことも可能なので、浪人をしないのであれば、専門学校に進学するという道をお勧めします。

【デメリット】
デメリットとしては、編入学で大学生になれる可能性はあるものの、大学1年生から入ることはできないということが挙げられます。

※短期大学から就職や編入学を目指すことも可能です。ただ一般的な大学受験が終了した後に出願受付をしている短期大学は少ないためここでは割愛します。


進路アドバイザー安孫子

入学後の進路選択の幅が広いため、専門学校はお勧めです。ただし就職支援をメインにしている専門学校も多いため、編入学を目指す場合は編入学のサポートをしてくれる専門学校か確認しておく必要があります。

4年制大学への編入学とは

実は専門学校や短期大学から4年制大学の2年次もしくは3年次に編入学することが可能です。専門学校や短期大学の在学中(主に2年生の夏~冬にかけて)に、4年制大学の編入学試験を受験し、合格すると翌春から大学2年生や3年生として4年制大学に編入学できます。

日本にある700校以上の大学の内、約7割程度(国公立含む)が専門学校からの編入学を受け入れており、東北大学、名古屋大学、埼玉大学などの国立大学や法政大学、駒澤大学、日本大学のような私立大学に編入学することが可能です。また9割以上の大学が、短期大学からの編入学を受け入れています。

専門学校から4年制大学の3年次に編入する流れについては、以下の記事やイメージ図を参考にしてみてください。
編入学 スケジュール

≫【諦めない!】専門学校から大学編入し4年間で大卒の夢を叶える方法

1-3.就職する

就職【メリット】
就職すれば定期的に給与が入ってくるようになるので、独り立ちできるというメリットがあります。

【デメリット】
就職先や収入面で限定されがちになる傾向にあることがデメリットです。大学や専門学校卒に比べると高卒を受け入れている企業は少なく、収入や昇給も低めに設定されることが多いです。


進路アドバイザー安孫子

高卒での就職は将来の選択肢が限定されがちになるので、積極的にはお勧めしません。もちろん経済的な事情があれば別ですが、できれば専門学校を卒業しておく方が、就職面でも有利になる可能性が高いです。

1-4.留学する

留学【メリット】
海外で学ぶので、英語などの語学力が身につくことがメリットです。語学は机で学ぶだけでなく、使わないと習得できないので、留学してその語学を毎日使うということは、とても良い機会です。

【デメリット】
留学に行く時間と、費用がかかるのがデメリットです。特に中・長期になると100万円以上かかるケースが多くなります。語学留学にかかる費用は、以下を参考にしてみてください。

≫最安&ベストな語学留学先を最短で見つける!国別×期間別費用一覧表


進路アドバイザー安孫子

留学後に就職を目指すのであればお勧めしません。なぜなら学歴としては高卒のままなので、多少語学ができても、上記で述べたように就職先や収入面で限定されがちだからです。専門学校や短期大学は卒業しておきたいところです。どうしても留学に行きたい人は、以下のコラムを参照してください。

長期留学は専門学校や短期大学に入学する前にしておこう

  • 2週間~1ヶ月程度の留学であれば、専門学校や短期大学の長期休みを利用して行くことも可能です。ただ2年の在学期間中に半年や1年の長期留学に、休学しないで行くのは難しいケースが多いです。中・長期の留学に行きたいのであれば専門学校や短期大学に入学する前に行っておきましょう。なぜなら専門学校や短期大学を卒業した後に長期の留学に行くと、就職活動で不利になりがちだからです。

    留学 入学前

    日本の企業は「卒業見込み者のみ」を対象に募集することが多く、「既卒者」・「第二新卒」を募集している企業は、まだまだ少ないのが実情です。長期留学するなら、専門学校や短期大学に入学する前にしておきましょう。

1-5.アルバイトする

アルバイト【メリット】
アルバイトをすることで一時的に収入は増えますので、精神的な安定につながることがあります。

【デメリット】
アルバイトを続けてもなかなか昇給が見込めないことが多く、職歴にもならないため転職による収入UPも見込めないことがデメリットです。将来の収入が増えず、生活の水準が落ちがちになります。


進路アドバイザー安孫子

将来有効になる職歴が積めないので、目的がないまま、とりあえずアルバイトをして生活するのはやめておきましょう。ただし社員登用有りのアルバイトや、将来的に専門学校や短期大学等に進学する費用を貯めるためにアルバイトをするのはOKです。出来る限り専門学校や短期大学に進学し、幅広い選択肢の中で就職するようにしましょう。

1-6.家事手伝い

家事手伝い【メリット】
残念ながら特にありません。

【デメリット】
収入すらなくなり、学歴、職歴にならないことがデメリットです。


進路アドバイザー安孫子

事情があれば別ですが、出来る限り家に居続けるのは避けた方が良いです。家に居ることに慣れると、社会とのつながりが億劫になってきてしまうので、少なからず外との接点は持ち続けるようにさせてみてください。

 

ここまでは「大学全落ちした時の選択肢」を確認してきましたが、いかがでしょうか。

前述の通り「もう1年浪人する」もしくは「専門学校に進学する」という選択肢が基本的にはお勧めですが、お子さんの意向をしっかりつかんだ上で選択させてあげたいですよね。次章では傷心のお子さんとしっかり話し合うために、お勧めの接し方をご紹介していきます。

2.大学に全落ちしてしまった時、親としてお勧めしたい接し方のコツ

全ての大学に落ちてしまった時、言わずもがなお子さんは心に傷を負っています。人間は急激な変化や衝撃があった場合、以下のように反応すると言われているため、一旦時間をおいて本人の感情が落ち着くタイミングが来るまで、まずは話を聞いてあげるということが極めて重要になります。

■急激な変化や衝撃があった場合の心の推移

大学受験の結果が出た段階では、お子さんは①もしくは②の段階にいることが多いと思いますが、この時に建設的な話をしようと思っても難しいケースが多いです。進路選択の時間がなくやきもきするかも知れませんが、③や④の段階に移るまで辛抱強く待ちましょう。

またその③や④の段階になるべく早く移行するには、周囲のサポートが必要になります。①・②のタイミングにおいて、周囲の人間がしっかり話を聞いてあげることで、ネガティブな感情を自分の中に貯め込むことが少なくなります。

上記の前提のもと、傷ついたお子さんと接するにあたり、以下の3ポイントを押さえておくと良いと思います。

(1)温かく話を聞いてあげる
(2)否定しない
(3)親が答えを出さない

以下で詳しく解説していきます。

2-1.温かく話を聞いてあげる

大学 全落ち

傷ついたお子さんがネガティブな感情をためこまないように、お子さんの話を温かく聞いてあげましょう。お子さんにとって一番の理解者は親御さんである皆さんです。お子さんが「親に話しにくい・・・」と思えば思うほど、立ち直るタイミングは遅くなります。

心の推移において①や②のタイミングでは、お子さんの方もただ自分の話を聞いて欲しいと思うことが多いので、「気持ちを汲み取り、共感していますよ」という様子を表すためにあいづちをうったり、アイコンタクトを大切にしたりすることが効果的になります。

このような「深いレベルで相手をよく理解し、気持ちを汲み取り、共感する」聴き方のことを「傾聴」と呼びますが、傾聴をする際のポイントや方法について、以下の記事がとても参考になりますので、ぜひ併せてご覧ください。

(参考)
≫傾聴とは最高の人間関係を築く鍵/「傾聴を身につける」3つのステップ

尚、傾聴の具体的な効果には以下のようなものが挙げられます。
(お子さんが)自分の内面と対話できる
傾聴をすることでお子さん自身が話をするため、お子さんの中で曖昧な思考を言葉にすることができます。話せば話すほど、思考や感情が整理されます。

自己重要感が満たされる/高まる
傾聴を通して「相手の話を聴く」「話を肯定的な態度で受け止める」「話を聴いていますよと、話を伝え返す」ことで、お子さんの自己重要感が満たされ、高まることで、自発的に変化や行動を生み出せるようになります。

深いレベルで心を開ける
傾聴するほど、お子さんは心を開きます。話が悩みや問題、コンプレックスなど、心理的に深く、強いものに結びついている場合は特にその傾向があります。そのため親御さんの意見は脇に置き、辛抱強く傾聴することが大事になります。

2-2.否定しない

大学 全落ち 否定しない

お子さんの言っていることが非現実的であったり、親御さんから見て甘いと思ってしまうこともあるかも知れませんが、頭ごなしに否定するのはやめておきましょう。

まだまだ心情の段階としては②の部分を脱せておらず、怒りや現状への固執を表しているだけかも知れません。

またお子さんの結果を受け、知らず知らずのうちに親御さんもプレッシャーやストレスを受けています。そうなることで親である皆さんご自身も、視野狭窄になりがちになりますので、自然と発言もキツめになりがちです。発言する前に少し間をおいて、聞き手であるお子さんの捉え方を想像してから、伝えるようにしたいものです。

お子さんが少し落ち着いて他人の意見を聞き、挑戦する心の準備ができ始めたら、親御さんからみて非現実的な意見や甘いと思う部分を指摘してあげても良いでしょう。

2-3. 親が答えを出さない

またよくありがちなのが、親御さんが答えを出してしまうパターンですが、これもやめておきましょう。お子さんが納得して、自分の意志で選択する状況を作りあげてあげないと、結局その進路を選択した挙句「自分がやりたいことは、これではなかった」と辞めてしまいがちです。

私も進路相談を担当することが多くありますが、親御さんとお子さんできて、9割くらいは親御さんがお話されて、親御さんが問題を解決して、お帰りになられるケースをよく見かけます。まずはお子さんが自分の意思を話せる場を用意できるようにしてあげることも、重要なポイントの一つです。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では以下についてお話してきました。

◆全落ちした時に、親が取り乱してはいけない
◆全落ちした時の選択肢は主に6つあるが、浪人か専門学校進学がお勧め
◆お子さんの気持ちと声に心を傾けて話を聴く方が良い

全落ちしたからと言って、お子さんの人生が終わった訳ではありません。ぜひご家族の温かいサポートでお子さんの未来を支えてあげてください。もし大学編入学に興味を持たれた方は、ぜひ以下の記事も併せて読んでみてください。

≫大学編入って難しい?編入サポートのプロが難易度をわかりやすく解説

≫大学編入5つのメリット・デメリット【一般入試との比較一覧付き!】

≫憧れの大学に編入するための英語力と試験対策の重要な3つのポイント

直近3年間で900名以上の合格者!

入りたい大学への編入学をめざすなら神田外語学院

  • 大学に合格できなかったけど、諦めずに編入学したい!
  • 大学に合格したけど、入りたい大学ではなかった・・・
  • もう浪人はできないけど、大学生にはなりたい!

そう思っている人は、神田外語学院から4年制大学に編入学をするという進路も検討してみてください。神田外語学院には編入学の実績・ノウハウ・サポート体制がそろっています。

■直近3年間の編入学試験で900名以上の合格者
■難関国立大・人気私立大に多数合格
■姉妹校・神田外語大学へ編入学できる唯一の専門学校
■編入学に特化した専攻や充実の対策講座
■経験豊富な編入センターがしっかりサポート

大学生になるという夢や入りたい大学を諦める必要はもうありません。
大学編入学の実績や特徴を特集記事にまとめましたので、ぜひ一度ご覧ください。

【学校雰囲気・先輩の生の声・カリキュラムなど丸わかり!】
【学校雰囲気・先輩の生の声・カリキュラムなど丸わかり!】