【無料ダウンロード】

この一冊に神田外語学院のカリキュラム詳細、先輩の声、学費を総まとめ! 

何から始める?プロが伝える【独学で確実に効果が出る中国語勉強法】

アドクイックタグ用

中国語を勉強したい!

アド

まずは少しでいいから話せるようになりたい!

でも、何から始めればいいのかわからない! と思っていませんか?

やっぱり中国語教室のようなところに通ったほうがいいの?

漢字を使うため、日本人にとっては日本人にとっては比較的理解しやすいとされている中国語ですが、独学は難しいというイメージがあるのではないでしょうか。とりあえず手をつけてみたけれど、難しくて投げ出してしまったという人もいると思います。しかし、効率的な勉強法をしっかり押さえれば、独学でも半年程度で簡単な自己紹介が流暢にできるレベルに到達することは可能です。中国語は、複雑な発音や日本とは異なる漢字、イントネーションによる意味の区別があったりと、日本語とは異なる特徴を持つ言語です。まずは独学のセオリーを知ることから始めましょう。

この記事では、当ブログを運営する神田外語学院でも教壇に立つ中国語講師の金子真生先生の監修で、

  • 中国語の勉強の始め方
  • 技能別/目標レベル別の勉強法
  • おすすめ参考書や学習アプリ

を紹介していきます。この記事を読めば、ゼロから中国語を勉強する手順がわかり効率的に成果が出せるはずです。

記事監修 金子真生 先生
神田外語学院アジア/ヨーロッパ言語科中国語コース講師。高校や専門学校、大学、企業、社会人講座などで、これまで2,000人以上に中国語を教える。ソーシャルゲームやニュースなどの翻訳も手がけるほか、テキスト教材の音声吹き込みも担当。全国通訳案内士。著書に『基本文型が身につく!中国語音読』(ナツメ社)。

1.ゼロから始める中国語学習の流れ

1-1.まずは文字の読み方(ピンイン・声調)から学んでいく

ゼロから中国語を始める場合、以下の流れで勉強するのがおすすめです。

中国語学習の流れ

何より先に発音(文字の読み方)を勉強する理由は、中国語は発音が最も重要な要素だからです。同じ文字の読み方(ピンイン)の言葉でも、イントネーション(声調)の違いによって意味が全く変わってしまいます

ピンイン・声調って何?

ピンイン:中国語の漢字の発音をアルファベットで表したものです。
声調:漢字一つひとつに定められている音の高低のことです。中国語には第1声から第4声まで4種類あるため、「四声(しせい)」と呼ばれます。

ピンインが同じでも、声調が異なると全く違う意味を表します。

例えば、「ni」を第3声で発音すると「あなた」という意味ですが、第2声では「泥」という意味になってしまいます。

Google翻訳を使うと単語の発音を聞けます。

※台湾ではピンインではなく、「注音記号」という別の表記方法が主に使われています。

日本語でもアクセントの違いによって意味が変わる言葉がありますが(「箸」と「橋」など)、発音を間違えてもある程度文脈で理解できます。しかし、中国語は声調による意味の区別がほぼ全ての単語にあります

簡体字や単語を先に勉強して中途半端に読み方を覚えると、リスニングやスピーキングが困難になってしまいます。そのため、最初に発音を勉強するのが最も合理的なのです。

1-2.簡体字・単語

次に簡体字と単語です。「発音は難しくても、漢字は簡単でしょ?」と思うかもしれません。これは半分正解と言えますが、主に中国大陸で使用する「簡体字」には、日本の漢字と大きく形が異なるものが数多くあります。また、同じ文字の単語でも日本語の意味と全く異なるものもあります。そのため、簡体字や単語も地道に覚えていく必要があるのです。

簡体字って何?

複雑な漢字を簡略化したもので、主に中国大陸で使われる漢字です。日本の字と似たものもあれば、元の字が全く見当がつかないようなものもあります。

※台湾では簡体字とは異なる字(繁体字)が使われています。

金子先生金子先生

「湯(汤)」と書けば日本語ではお風呂などをイメージしますが、中国語の意味は「スープ」です。

まずは発音(ピンインと声調)を頭に入れてから、簡体字と単語を覚えて音と文字を一致させていきましょう。

1-3.リスニング→文法・会話

発音をしっかり身につけ、簡体字をある程度覚えたら、簡単な会話文や文章を聞いたり読んだりしましょう。序盤の文法項目は単独で勉強するのではなく、短文や会話文を読んだり聞いたりしながら自然に頭に入れていきます。つまり、リスニングと簡単な文法項目の勉強は同時進行するイメージです。

最初から文法に則って文型を考えるのではなく、例えば「我喜欢看电影。/私は映画を見るのが好き」という文を見て、”我(私は)+喜欢(好き)+看(見る)+电影(映画)”という語順で構成されているのだな、ということを理解できれば序盤はOKです。複雑な文法項目はその後に固めていきましょう。

「とりあえず簡単な自己紹介くらいはできるようになりたい!」という場合は、まずは目標を中国語検定(中検)4級レベルとしてください。続く2章で、中検4級を目指す効果的な学習手順を解説していきます。

2.初歩レベルでの効果的な学習手順

この章では、まずは中検4級レベルを目指すための効果的な学習手順を解説します。

1章でも触れたように、中国語学習の初歩は「最初に発音、そのあとに文字や文法」という流れで進めていくことをおすすめします。

語学には「読む・書く・聞く・話す」の4技能がありますが、中国語の場合は「聞く・話す・読む」をまとめて勉強し、その後「書く」というステップで勉強していくとよいでしょう。

金子先生のお話に基づいて具体的な学習方法を紹介していきます。

中検4級はどれくらいのレベル?

中検を主催している日本中国語検定協会は、4級のレベルを「大学の第二外国語で1年間履修した程度」としています。単語量の目安は500~1,000語程度です。定型的な会話や、簡単な自己紹介もできるでしょう。

※3級以上のレベル目安については以下の記事の2章を参照してください。

中国語検定を就職に活かすなら何級?有利になる業界と目標級を解説

2-1.「聞く・話す・読む」勉強法

「聞く・話す・読む」は同時にやってしまうのが効率的かつ効果的です。まずは音源付きのメインテキストを一冊だけ用意してください。この時点では単語帳などはまだ使いません。

金子先生

音源付きであればテキストはなんでも構いません。ずっと使う一冊なので、デザインや手触りなど愛着がわくものがいいですね。

テキスト例

中国語会話301(語文研究社)
著:康玉華、来思平

テキストは基本的に、「単母音・複母音・子音・鼻母音」の発音を練習するパートが最初にあると思います。まずは最初の5日程度で短母音~鼻母音を集中的に繰り返し練習してください。

発音定着のためのおすすめ勉強法

  1. 音源を一度流して、ピンインを読みながら音を聞きましょう。頭の中で音とピンインを一致させます。
  2. ピンインを見ながら、音源を復唱する練習を10回繰り返します。発音を口で覚える練習です。
  3. さらに、CD音源とほぼ同時に発音する「シャドーイング」を10回繰り返します。
  4. 最後は音源なしでピンインを自分で読む練習を10回繰り返します。

この方法で同じ文章(文字)の発音を30回繰り返すことで、正確な発音が定着していきます。「発音が難しいな」と感じたものには印を付けておき、特に意識しながら聞いてください。

金子先生金子先生

一通りやっても10分ほどでできるはずです。まずはピンインだけを完全に覚えて、そのあとに漢字を覚えていきましょう。

上のイメージ画像では「你好!」を繰り返していますが、慣れてきたら一文ずつ練習してもOKです。

テキストはその後、会話を中心とした本文がパート1、パート2、パート3……と続くと思います。各パートの本文も同じ手順で「聞く・話す・読む」練習をしましょう。

2-2.「書く」勉強法

適当な紙を用意して、テキストを見ながら本文を書き写してください。1パートにつき最低でも5回書き、簡体字を正しく覚えていきましょう。慣れてきたら听写(ディクテーション)をしてください。

金子先生

何度も繰り返し書くことが重要なので、紙は捨ててしまうもので構いません。どんどん書いて覚えましょう。

听写(ディクテーション)とは

中国語の音声を聞いて、その内容の通りに全て書き起こす勉強法です。耳と手でピンインを覚えるので、非常に効率的かつ高い学習効果が見込めます。

次に、本文に出てきた単語を抜き出して単語練習をしていきます。単語用のノートを一冊用意して、[単語・ピンイン・意味・例文]をまとめましょう。このとき、単語の読み方をカタカナで書くことはやめてください。正確な発音が身に付かなくなってしまいます。

単語練習

金子先生金子先生

単語をまとめたノートはそれ自体を単語帳として使えます。ページ数が多く持ち運びしやすいノートを用意するといいでしょう。やや値が張りますが、モレスキンのノートがおすすめです。

この手順でテキストの内容をしっかり頭に入れれば、4級は難しくないでしょう。1日1時間勉強するとして数か月で合格を目指せるはずです。

3.レベル別 中国語の勉強法

3章では、目標レベルごとの勉強法を解説していきます。

3-1.初歩の人が初級(中検4級→中検3級レベル)を目指す勉強法

中検4級レベルの人が3級レベルに到達するまでの勉強法です。

3級まではこれまでと同様、メインテキストをベースにした勉強法が有効です。少しレベルアップしたテキストを新たに買い、2章で紹介したように「聞く・話す・読む→書く」の流れで勉強していきます。試験前には過去問を使って模擬試験をやってみるとよいでしょう。

読解学習の補助教材として、以下のような文集などを取り入れてもいいでしょう。

音読で学ぶ 中国語名文塾(アスク出版)
著:上野惠司

未経験から始めた場合の格に要する学習時間は、200~300時間程度とされています。独学の場合は、1日1時間勉強するとして半年~1年程度を見込んでおきましょう。

※過去問と解答は中検公式サイトでダウンロードできます(筆記パートのみ)。
日本中国語検定協会 試験問題・解答
金子先生金子先生

この時点で市販の単語帳はまだ使いません。メインテキストに出てくる単語を全て、確実に覚えてください。

単語帳はいつ使う?

単語帳で語彙を増やすのは2級を受験する段階で大丈夫です。中検4級~3級では必要な単語量はそれほど多くないため、メインテキストに出る単語を全て覚えればカバーできます。語彙を増やすことも大事ですが、この段階ではピンイン・声調や簡体字を正しく覚えることを優先すべきです。

メインテキストでの単語の勉強方法は2-2を参考にしてください。

3-2.初級の人が中級(中検3級→中検2級レベル)を目指す勉強法

中検3級レベルの人が2級レベルに到達するまでの勉強法です。

2級からは問題のレベルがぐっと上がります。これまでのテキストベースの勉強に加え、NHKラジオ講座を聞いたり、中国の新聞記事(ウェブニュースでも可)を読んだりしてレベルアップを図る必要があります。

合格に要する学習時間は人によって大きく異なります。日常的に勉強している場合でも、少なくとも1年半~2年弱を見込んでおきましょう。

金子先生

単語帳を買うのはこのレベルからで十分です。2級で頻出する方向補語の派生義や、成語(四字熟語)の知識などを補います。

おすすめウェブサイト

NHKラジオ「ステップアップ中国語」(放送済みの番組が配信されています)

人民网(中国・人民日報のニュースサイト)

単語帳の例

キクタン中国語【中級編】中検2級レベル

3-3.中級の人が上級(中検2級→中検準1級レベル)を目指す勉強法

中検2級レベルの人が準1級レベルに到達するまでの勉強法です。

リスニングパート

準1級受験レベルでは中国語に触れる量が合格を左右します。これまでの学習に加えてPodcastで中国語のエッセイを聞いたりするなど、様々な分野の中国語を聞いてください。

金子先生

リスニングは勉強として捉えず、「楽しみながらやる」という感覚で取り組むとよいと思います。听写の出題もあるので練習しておきましょう。

筆記パート

慣用句やオノマトペ(擬音語など)が頻出します。中国人なら誰もが知っている表現ですが、中国語学習者は意外と触れる機会がありません。中国の小中学生向けの教科書を入手して吸収していくのが効率的です。

成語などの幅広い知識が問われるほか、会話・スピーチ試験も導入されているため、合格にはかなりの時間を要します。一概に言えませんが、最低でも3年程度は必要でしょう。

金子先生金子先生

準1級レベルでは留学生向けのテキストを使ってみてもよいでしょう。ネットや中国専門書店などで手に入ります。

留学生向けテキストの例

「成功之路」

※中検各級のレベルは以下の記事で詳しく解説しています。
中国語検定を就職に活かすなら何級?有利になる業界と目標級を解説

4.中国語を効果的に勉強するメソッド

アドクイックタグ用

電車の中などで手軽に勉強する方法はないの?

テキストが手元にないときも何かしら中国語や中華圏について学びたいという人のために、この章では以下の3つの方法を紹介します。

  • 映画やドラマ、YouTubeで学ぶ
  • 中国語学習用アプリで学ぶ
  • 中華圏の文化や生活習慣も学ぶ

ただし、これらの方法はあくまで息抜きついでに手軽に中国語に触れる程度のものです。普段は2章3章で紹介しているテキストを使った勉強を基本にしてください。

4-1.中国映画・ドラマやYouTube動画で学ぶ

最も手軽なのは、中国映画やドラマ、YouTube動画などを視聴することです。日常生活で使うような自然な表現に触れられるだけでなく、映像の中で中華圏の社会や生活を学べます。音声と映像(視覚情報)が同時に入ってくるため、フレーズや単語も頭に残りやすくなります。

おすすめ作品を紹介します。

映画「海洋天堂」(かいようてんどう)

癌を患った父親が、残されたわずかな余命で自閉症の息子に生きていく術を一つひとつ教えていくというストーリーです。会話が全体としてゆっくりとしているため、セリフを聞き取りやすい作品です。

海洋天堂

映画「漂亮妈妈」(きれいなおかあさん)

耳の不自由な息子と母親が困難を乗り越えながら生きていくヒューマンドラマです。一対一の会話が多く、聞き取りの練習に適しています。

漂亮妈妈

テレビドラマ「翻译官」(私のキライな翻訳官)

通訳者を目指す主人公と冷徹で優秀な通訳者の恋愛ドラマで、少女漫画のようなラブストーリーが好きな人におすすめです。日常的に使えるフレーズが多用されています。

翻译官

映画(台湾)「那些年,我們一起追的女孩」(あの頃、君を追いかけた)

台湾の高校を舞台にした恋愛映画です。学生たちの会話の中からフレーズを学べるのに加え、台湾の生活風景も知ることができるおすすめのタイトルです。

那些年,我們一起追的女孩

金子先生

このほか、ストーリーを知っている日本映画の中国語版を見るのもよいと思います。

また、YouTubeでは中国語学習者向けのチャンネルもいくつかあります。それらを参考として視聴するのもよいでしょう。

YouTubeチャンネル

4-2.中国語学習用アプリで学ぶ

英語学習にスマホアプリを活用している人は多いと思います。中国語学習でも補助的にアプリを使うと効率的に勉強できます。

NHKゴガク 語学講座

NHKゴガク 語学講座 (Apple Store)
NHKゴガク 語学講座(Google Play)

語学プレーヤー

NHK出版が提供している音声プレイヤーです。倍速や指定区間リピートなどの機能があり、語学学習に最適です。アプリ自体は無料で、専用の学習用音声が有料で販売されています。外部の音源を取り込んで再生することも可能です。

語学プレーヤー〈NHK出版〉(Apple Store)

LearnChinese

中国政府の教育部などが監修している中国語学習アプリです。シチュエーションごとの単語や会話文、中国古典、成語などを音声付きで学べます。日本語にも対応しており、無料で利用できます。

LearnChinese(Google Play)

4-3.(番外編)中華圏の文化や生活習慣も学ぶ

安徽料理

中国語を学ぶ上では、言葉だけではなく中華圏の人が普段どういう生活をしているか知ることも大切です。生活習慣や文化を知ることで、実際に中国人に対して中国語を使うときのコミュニケーションのコツやマナーを理解できます。旅行でもいいので中国に一度行ってみるのがおすすめですが、海外に行けない現在は国内にある中国料理店に行ってみると、中国の食文化や習慣を感じられるでしょう。

金子先生金子先生

日本式の中華料理屋ではなく、中国人が経営していて中国人のお客さんが通う中国料理店を探してください。

首都圏では池袋や西川口(埼玉)界隈にディープな中国料理店が軒を連ねています。

5.やってはいけない中国語勉強法

語学学習では、効果的な勉強方法もあれば、あまり効果的でない方法もあります。この章で紹介するのは、真似をしない方がいい非効率な勉強方法です。

5-1.初級レベルで単語帳を買うこと

2章3章でも触れていますが、初心者のうちに市販の単語帳を買うことはおすすめしません。

中検3級レベルまでは、テキスト本文や過去問に出てくる単語を完璧に覚えればひとまず十分です。初級レベルで複数のテキストや補助教材に手を出しても、あまり効率的な勉強ができません。日本語学習で例えると、50音を覚える段階でことわざ集を買って勉強する人はいないはずです。

初歩段階では2-2で紹介したように、テキストに出てくる単語を抜き出してノートにまとめ、自分用の単語練習帳を作って覚えるのがおすすめです。

金子先生金子先生

繰り返しになりますが、市販の単語帳を買うのは中検2級受験レベルからでよいでしょう。

5-2.単純な聞き流し勉強法

リスニングは効果的かつ重要な勉強法ですが、単純な聞き流しはいけません。無意識に聞き流すだけでは、たとえ音声が日本語だったとしても内容が全く頭に残りません。勉強した気になっても身になっていない非効率な例です。音源は必ずピンインや意味を思い浮かべ、発音をリピートしたりシャドーイングしたりと、音を頭に残すことを意識して聞いてください。

音源を用いた勉強は、2-1で紹介した方法を参考にしてください。

金子先生金子先生

常にシャドーイングしていると聞き流し状態になりにくいと思います。

6.【本気で学びたい人向け】独学以外の方法

ここまでは中国語を独学することに主眼を置いて勉強法を解説してきましたが、中国語を学ぶには他にも

  • オンラインレッスンを利用する
  • 中国語学校に通う
  • 語学留学する

などの方法があります。それぞれのメリットやデメリットを比較してみます。

「中国語を本気で学びたい!」という人には「中国語学校に通う」または「語学留学する」ことをおすすめします。時間や経済面に余裕がなければ難しいかもしれませんが、得られる効果は大きいでしょう。

この表を参考に、自分にとって最適な勉強法を検討してみてください。

※それぞれのメリット・デメリットはこちらの記事で詳しく解説しています。
中国語を本気で学ぶには?ベテラン講師直伝のおすすめ独学法と参考書

7.学校に通うなら神田外語学院

6章の表を見て検討したうえで「学校に通って2年間集中して中国語を学びたい!」と思った人には、当ブログを運営する神田外語学院のアジア/ヨーロッパ言語科中国語コースをおすすめします。

神田外語学院では全員が中国語をゼロから学ぶことを前提に、1年次でしっかり基礎を固め、2年次に応用力を養っていきます。

声調・ピンインを一から学び、正しい発音が身につく

1章で解説したように、中国語は発音が最も重要です。神田外語学院の授業では、中国語の発音の基礎である声調とピンインを一からしっかり学び、確実に通じる正確な発音が身につきます。

この記事で勉強法を解説してくださった金子先生も、神田外語学院で教壇に立っています。

MOVE多言語センター

MOVE多言語センター(写真は韓国語ブースです)

学内には、先生や他の学生と交流できる「MOVE多言語センター」を設置しています。授業以外の時間でも会話の練習や、検定対策・学習計画の相談などが気軽にできます。

2年間で中検2級の取得を目指す

必修の中検対策講座では、1年次は中検3級、2年次は3級~2級の合格を目標に、問題の傾向を学び、対策していきます。

金子先生金子先生

「検定対策講座」という名称ですが、試験合格だけが目的の講座ではありません。文法確認・発音・読解を繰り返し、基礎力を鍛えます。

入学時は中国語を全く話せない状態でも、卒業までに2級に合格する学生が定期的に出ています。

神田外語学院ニュース – 2年生2名が中国語検定試験2級に合格

※中検の勉強法や資格の活かし方は以下の記事を参考にしてください。
中国語検定3級のレベルとは?合格を勝ち取る勉強法をプロが解説
中国語検定を就職に活かすなら何級?有利になる業界と目標級を解説

文化や伝統、最新事情に触れて中国語圏への理解を深められる

横浜中華街へのフィールドトリップ

授業の一環で横浜市の横浜中華街を訪れます。横浜中華街発展会協同組合から、横浜関帝廟や横浜媽祖廟などの代表的施設について説明を受け、中国の思想や宗教、歴史への理解を深めます。さらに、店員の方々と中国語で話すことで、授業で身につけた会話力を試すとともに、今後の課題を発見します。

中国・青島濱海学院 春季短期研修

一年次の春休みには、中国・山東省青島市の青島濱海学院での2週間の短期研修を毎年実施しています。大学のキャンパス内で学ぶため、大学内の施設を利用でき、現地の学生や他の国からの留学生と中国語で異文化交流できるチャンスもあります。また、太極拳や切り紙、書道、舞踊などの中国文化体験や青島市内の観光なども含まれます。

青島濱海学院は神田外語学院と教育交流の提携を結んでいるため、一定の条件を満たした学生は、神田外語学院卒業後に青島濱海学院の3年次に編入することもできます。

全日本スピーチコンテスト(主催:日中友好協会)

近年はスピーチコンテスト出場にも力を入れ、多くの学生が自主的に参加しています。

  • 2020年度 東京都大会 最優秀賞
  • 2019年度 栃木県大会 1位(東京都大会が台風で中止となったため栃木県大会に出場)
  • 2018年度 東京都大会 弁論の部 最優秀賞(全国大会出場)
  • 2017年度 東京都大会 準優勝

第38回全日本中国語スピーチコンテスト東京大会で最優秀賞を受賞

※以下の記事で神田外語学院の教育の特長を紹介しています。興味を持たれた方はぜひご覧ください。

【就職内定率95%以上】最後まで責任を持つ!徹底的にこだわり抜いた神田外語学院の教育姿勢とは

6.まとめ

この記事の内容をまとめます。

■中国語は「発音→簡体字/単語→リスニング→文法項目」の順に学ぶ

中国語学習の流れ

■「聞く・話す・読む」はまとめて練習し、その後に「書く」

■補助的に映画やアプリで中国語に触れるのも効果的

語学は継続が重要です。やればやった分だけ伸びます。まずはメインテキストを一冊用意して、今すぐ学習を始めましょう!

無料ダウンロード

カリキュラム詳細、先輩の声、学費などをこの一冊に総まとめ!

  • 学校で具体的には
    どんな授業を学ぶの?
  • 実際に学んでいる
    先輩の姿はどんな感じ?
  • 学費は
    どれくらいかかる?

学校選びをしていると色々気になりますよね。

神田外語学院ではそんな気になる情報をすべて1冊の入学案内書にまとめています。

学校を選ぶということは、ここから数年の自分の人生を決めるということ。重要な選択になるので、迷いなく進路を選択するためにも、情報をしっかり集めておきたいところです。

■学科別に受講する授業を細かく解説
■先輩インタビュー 進路選択のリアルストーリー
■海外・国内の研修/インターンシップ紹介
■就職・大学編入学の実績一覧
■学費詳細/奨学金とローン案内/入試概要

など、この一冊だけで神田外語学院のことが簡単に理解できます。
また理想の就職や大学編入学を実現した先輩たちのストーリーを読むだけでも進路選択の参考になると思いますので、ぜひダウンロードして読んでみてください。

【学校雰囲気・先輩の生の声・カリキュラムなど丸わかり!】
【学校雰囲気・先輩の生の声・カリキュラムなど丸わかり!】