Stay Home 01 ~英語専攻科・柳下剣士さん~

2020.04.14

皆さんは自宅でどのような時間をお過ごしでしょうか。
神田外語学院の在学生たちも、皆さんと同じように、学校に登校できる日を待ち遠しく思い、そしてそれぞれが今、自宅で出来ることを精一杯取り組んで過ごしています。

 

ここでは、英語専攻科2年生の柳下剣士さんの「Stay Home」の時間をご紹介します。
柳下さんはクラスメイトが圧倒されるくらいの努力家です。日頃から、欠席や遅刻などしないことはもちろん、毎朝早く登校し、授業の予習復習を行います。
時間をみつけては、自主学習をしたり、友人と洋画を鑑賞したり、留学生との会話を楽しんだりと、自分にあった学習スタイルを築き、英語力を着実に伸ばしています。
1年次の12月には、入学時から約半年間でTOEIC®スコアを400点以上伸ばし、950点を取得しました。柳下さんの「Stay Home」の時間をぜひ皆さんの自宅学習の参考にしてみてください!

英語専攻科2年 柳下 剣士(やなぎした けんと)さん

TOEIC®950点
千葉県柏市立柏高校出身

Stay Home ~英語専攻科・柳下剣士さん~

継続している学習方法

卒業後はアメリカの大学に進学したいと考えているので、出来るだけ多くの英語にふれるため、国内外のニュース番組を英語で見たり、英字新聞や洋書を読んだりすることを習慣にしています。

いつもの学習スタイル

僕は登校するのに1時間半かかります。この時間を無駄にしないよう、電車の中では英語で国内外のニュースなどを聞いています。学校に到着すると、授業開始前にその日の予習をします。放課後は、自主学習施設などで長文読解問題や英字新聞を活用し、リーディングの学習に充てます。リフレッシュしたい時は一度、リスニングをします。

いまの学習スタイル

最近は、このような自宅学習のルーティーンが身につきました。
午前:英単語学習で基礎力UP!→ 英字新聞や洋書を読み応用力UP!
午後:好きな有名人のインタビュー動画や海外ドラマを鑑賞。
このような感じで、リーディングスキルとリスニングスキルをバランスよく鍛えることを意識しています。そして一番大切に、心がけていることは、楽しみながら勉強することです!

友だちと連絡をとることでモチベーションを維持しています!

友だちと、洋画をみてゲットした新しいスラングなどを教えあったりしています。
また、僕の姉は神田外語学院の卒業生で、英語を勉強しているので、姉と英会話をしています。

神田外語学院をもっと知りたいと思ってくれている
高校生や受験生の皆さんへ

僕にとって神田外語学院は刺激をもらえる場所です。早く皆さんが学校を見学できるようになると嬉しいです。受験など大変だと思いますが、くじけず頑張ってください!

まだ神田外語学院に登校できない新1年生の皆さんへ

神田外語学院の学生たちや先生方は、フレンドリーな人が多いです。楽しいイベントや学習施設もあります。僕のおすすめは留学生と会話ができる「ECL」という施設です。

2年生の仲間たちへ

就職活動や大学編入学、留学などそれぞれの道に対して不安もあると思うけど、一緒にがんばりましょう!

▲ ECL(English Conversation Lounge)

関連リンク