2021年度 グローバルコミュニケーション科「卒業制作」

2021.12.23

▲12月、グローバルコミュニケーション科2年生による卒業制作発表会が実施されました。

グローバルコミュニケーション科

グローバルコミュニケーション科は、卒業までに147単位の修得とTOEIC®800点以上の取得が卒業要件として課せられています。2007年の学科設置以来、高い英語力を身につけるためビジネスやITなどを英語で学び「自分の可能性に挑み続ける2年間」を過ごせる学科です。

2021年4月からは、起業マインドなどを英語で学ぶ「アントレプレナーシップコース」と世界各国・地域が抱える諸問題の解決に取り組む力を身につける「国際協力コース」の2つのコースにリニューアルしました。

日々ストイックにビジネスや国際開発を英語で学んでいる、グローバルコミュニケーション科の学生たち。今回の発表会は彼らの二年間の学びの集大成。学生たちは今回課されたテーマに沿ってオリジナルのビジネスプランをチームで企画。神田外語学院の教職員が「どのアイディアなら投資できるか」を基準に勝敗が決定します。学生たちが試行錯誤を繰り返して創り上げてきた渾身のビジネスプランが披露されました。

2021年度「卒業制作」発表テーマ

“Move Japan Forward” Solving Real World Issues in Japan
日本を前進させよう~改革と繋がりを通じて日本の社会問題を解決する~

英語によるプレゼンテーションバトル

▲日本の過疎化問題解決のためのマッチングアプリを提案するチームも。市町村が抱えている問題にユーザーがアイディアを投稿しマッチングすると市町村とユーザーのやりとりが可能に。現代らしいビジネスプランで地域活性化を呼びかけました。

TOEIC®800点を取得することが卒業要件になっているグローバルコミュニケーション科。英語でさまざまなコンテンツやスキルを学んできた彼らのプレゼンテーションはもちろん英語。審査員からの質問にもよどみなく英語で自分の意見を伝える姿からは日々の努力が伺えます。語学力もさることながら、注目すべきは学生たちが企画したビジネスプランのレベルの高さ。日本が抱える社会問題に向き合い、学生ならではの目線でその解決の糸口となるビジネスを提案します。若者に政治や選挙に関心をもってもらうためのゲームアプリの制作、自然災害時のコミュニティアプリの開発など、ユニークなアイディアが次々に披露されました。

今回のプレゼンテーションの勝敗をジャッジするのは神田外語学院の教職員。アイディアの独創性だけではなく「現実的に考えてどれくらいの需要が見込めそうか」というビジネスの実現性も審査員が細かくチェックします。

「アイディアはとても良いけどプロモーションは具体的にどうしていく予定か」

「売上に対してどのくらいの金額を自分たちの利益にできるのか」

起業するうえで向き合わなければならない課題は山のようにあります。審査員とリアルタイムで議論を重ねることで、学生たちのビジネスプランにより磨きがかかっていきます。

栄えある最優秀ビジネスプランの発表

こうして全てのチームのプレゼンテーションが終了。審査員たちは「投資する価値がある」と思えるビジネスプランに自分のコインを投票します。熱戦の末、今回最優秀賞に輝いたのは「日本の伝統工芸を使用したアクセサリーのレンタルサービス」を企画したチーム。若者をターゲットにリーズナブルな価格で日本の伝統工芸を楽しめるサブスクリプションを提案しました。工芸品の余剰在庫を購入し、職人の雇用保護の観点からも評価されての受賞となりました。

▲最優秀賞:Increasing Awareness of Meaningful Handicrafts

―最優秀賞を受賞した魏さん・土田さん・細尾さんより―

「かつては日用品として使われていたはずの工芸品はいつの日か『特別なもの・高級なもの』という位置づけになり『日本の伝統工芸品離れ』が進んでいます。私たちのような若い世代にその美しさや価値に気づいてほしいという思いを込め、このビジネスを提案しました。実は約一年かけて詰めていたアイディアを本番の三週間前に大幅に変更したんです。発表の日が差し迫る中、メンバーと夜中までオンラインで話しあう日もありました。何とか企画を仕上げることができたのは先生方からのサポートとアドバイスをくれたクラスメイトのおかげです」

▲優秀賞に選ばれたのは「ペットボトルをリサイクルして作られた自転車のレンタルサービス」を企画したチーム。国内の主要観光地に設置することで持続可能な観光客誘致を提案しました。
▲優秀賞:Eco Tabi: A Ride That Saves The Earth

グローバルコミュニケーション科の真髄とは

▲発表を終えた学生からは「この一年ずっとチームで卒業制作のことを考えてきたので、達成感とともに少し寂しい気もします」という声も。

こうして幕を閉じた今年のグローバルコミュニケーション科の卒業制作発表。いずれの発表からも自分たちのビジネスプランにかける情熱が伝わってきました。数ある学科の中でも高い英語力とプレゼンテーション力に定評があるグローバルコミュニケーション科。彼らも入学当初から今の力があった訳ではありません。自分に高い目標を掲げ、努力を継続することができる力。これこそがグローバルコミュニケーション科の学生たちが誇るべき能力だといえるのかもしれません。そして困難にぶつかったときには常に手を差し伸べてくれる先生やクラスメイトがいます。二年間という短い時間の中で、世界を渡り歩いていくためのスキルやマインドを身につけたグローバルコミュニケーション科の学生たち。彼らが国際社会で活躍する姿を見れるのは遠い未来ではないかもしれません。