【英語専攻科・2年生】オンライン・プレゼンテーションコンテストが開催されました

2020.09.02

英語専攻科・オンラインEIC(国際コミュニケーション英語)

神田外語学院が創立以来大切にしてきた、外国人教員が英語で英語を教える、コミュニケーションをとるための英語運用能力を育てる授業。それがEIC(国際コミュニケーション英語)です。神田外語学院では、1学期の授業は全てオンラインで実施されました。今回は、EICのオンライン授業に密着しました。

 

※8/31(月)から始まった2学期については、全学生を各学科・クラス(*)で2分割し、分散登校による対面授業を開始しています。登校しない学生には、登校した学生が受けている授業がオンラインでライブ配信されるため、同じ授業を自宅で受けることができます。これを隔週で繰り返します。なお、登校が叶わない学生は、すべての授業においてオンライン授業を選択することも可能です。
(*)グローバルコミュニケーション科は、全ての授業をオンラインで実施しています。

オンライン・ポスタープレゼンテーションコンテスト、開幕。

7月中旬、英語専攻科2年生のEIC(国際コミュニケーション英語)クラスで、オンラインによる『ポスタープレゼンテーションコンテスト』が開催されました。今回のテーマは『英語力をアップさせる方法』。自分たちが考える、英語力アップのメソッドを1枚のポスターにまとめ、プレゼンテーションすることが今回の課題となります。この日のために、各学生はパートナーと協力をし、各自で準備を行ってきました。

プレゼンテーションはもちろんすべて英語。各自で創意工夫を凝らしたポスターを画面表示させ、全10グループによる熱いプレゼンテーションが繰り広げられました。オーソドックスな学習法だけではなく、海外の人気アニメーション映画を使った方法や、SNSや動画配信サイトの活用など、現代らしい英語学習法の紹介が目立ちました。

1グループ約5分間の発表が終わると、外国人の先生からの質問タイムに移ります。『Why do you choose this way?(今紹介してもらった方法を選んだのはどうして?)』このような先生の質問に対して、いずれの学生も、英語でしっかりと自分の意見を伝えていました。

栄えある、コンテスト優秀者は・・・。

先生方と優秀者の本間さん

コンテスト優秀賞の1組目は『オンラインで効果的に英語を学ぶ秘訣』を紹介した、本間さん・仲松さんペア。英語学習に便利な無料アプリの紹介だけでなく、オンラインで英語を学ぶ上で必要なマインドを丁寧にプレゼンテーションしていました。

―以下、本間さん・仲松さんより―

『どのグループもレベルが高かったので、自分たちが選ばれて驚きました。伝えたいことを表現するのは対面以上に難しかったですが、ポスターを見やすく工夫し、パートナーと協力して発表できたと思います。参加してよかったです。』

本間さん・仲松さんペアによる発表資料
先生方と優秀者の永井さん・本田さん

コンテスト優秀賞の2組目は『英語を楽しく学べる動画チャンネル』を紹介した、永井さん・本田さんペア。英語学習におすすめな動画チャンネルを6つ厳選して、一つ一つ詳しく紹介していました。

―以下、永井さん・本田さんより―

『優秀賞を頂けて、とても嬉しいです。オンラインでまわりの反応が見えず、不安になる場面もありましたが、元気よくハキハキと話すことを意識しました。皆さんには自分に合った方法を見つけて、楽しく英語学習してもらえれば嬉しいです。』

永井さん・本田さんペアによる発表資料

『オンラインでも英語は学べる』

オンラインでのプレゼンテーションに不安を感じていた学生も多かったようですが、最後は全員、満面の笑顔でコンテストは幕を閉じました。最後に、今回の授業の感想を学生に聞いてみました。

外国人教員が英語で英語を教える、EIC(国際コミュニケーション英語)

―以下、参加した学生よりー

『オンラインプレゼンテーションでは、普段よりも入念な準備が必要でした。そのため、パートナーともオンラインで、授業の空きコマや放課後に何度も話し合いました。パートナーとの仲も深まり、非常に良い経験になりました。』

 

『神田外語学院の先生方は、とにかく親切で情熱的。プレゼンテーションの前には、自分たちが作ったポスターを丁寧にチェックして、アドバイスをくれました。こんな状況でも、工夫して対面に劣らない授業を行ってくれるので、本当に信頼しています。』

そして最後に、受験生・高校生にもメッセージをくれました。

 

『結果が良くても悪くても、新しいことに取り組むことで、学べることはたくさんあります。そして神田外語学院には、私たちが成長するための素敵なチャンスがたくさん溢れています。受験生・高校生の皆さんは、自分の周りにあるチャンスを逃さないよう、とにかく挑戦することをお勧めしたいです。私たちもさらにレベルアップできるよう頑張ります。』

 

私たちが目の当たりにしたのは、オンラインで堂々と英語のプレゼンテーションをする、頼もしい学生たちの姿でした。コロナウイルスに負けずに、元気に英語を学ぶ学生に勇気をもらいました。