言葉を学び、海外で活躍する ~Thailand~

2020.07.17

 

■動画について
この動画には、神田外語学院アジア/ヨーロッパ言語科タイ語コースを2018年に卒業し、バンコクの大学で経済について学んでいる常世田悠莉さん(千葉県志学館高校出身)と、姉妹校・神田外語大学 英米語学科3年生で、現在、外務省在外公館派遣員として、在タイ日本国大使館に勤務する望月湖晴さん(千葉県流通経済大学付属高校出身)が登場します。

 

常世田さんのお母様はタイのご出身。しかし、常世田さんは神田外語学院に入学するまでは、「歯磨き」や「ごはん」といったタイ語しか知らなかったそうです。もともとタイ語だけではなく、英語に対しても苦手意識があり、高校卒業までは語学学習を避けていたそうです。そんな常世田さんにとって、海外留学はとてもハードルが高く、タイへ行くまではたくさんの不安がありました。留学を経験したことで、海外に対するハードルがぐっと下がり、今では2度目のタイでの留学生活を楽しんでいる常世田さん。そんな常世田さんのインタビューをぜひご覧ください。

 

そして、望月さんは神田外語大学の在学生でありながら、在タイ日本国大使館にて、外交の最前線で活躍する職員の方々のサポートを行っています。大学では英米語学科に在籍している望月さんにとって、タイは未知の世界でした。英語を交えながら、積極的にタイ語でもコミュニケーションをはかりながら、日々の業務にあたっています。望月さんは「言葉を知ることで、理解できる文化がある」と話します。現地の人々や文化を深く知ろうとする望月さんのインタビューをぜひ動画でもご覧ください!

 

■アジア/ヨーロッパ言語科タイ語コース
タイ語コースは、英語とタイ語をダブルメジャーで学ぶ、プログラムです。
1年次3学期から2年次1学期には、「文化・語学実地研修」という、約半年間の留学が必修でカリキュラムに組まれています。

 

■外務省在外公館派遣員
日本国籍を持つ18歳以上の青年が、海外にある日本の在外公館(大使館、総領事館、政府代表部、領事事務所)に原則2年間の任期をもって派遣される制度です。
主に外交のサポートや館内事務補佐などの実務面にあたるかたわら、国際社会での経験を積み、友好親善に寄与するというものです。

 

神田外語大学、神田外語学院では、外務省在外公館派遣員の制度をキャリア形成の貴重な機会として、在学生や卒業生に派遣員をめざすための特別講座を開講しています。
これまでに73ヵ国169名の在学生・卒業生が赴任しました。