汐留「アドミュージアム東京」に見学にいきました

2020.01.29

国際ビジネスキャリア科の1年生が東京・汐留にあるアドミュージアム東京に見学にいきました。

アドミュージアム東京は日本の江戸時代から現在にいたるまでの広告の歴史と実物を展示している施設で、日本で唯一の広告ミュージアムでもあります。

 

国際ビジネスキャリア科では、「企業研究」の授業でこれまでの学びを生かし、学科紹介となる動画CMをチームで作成します。

今日はブランディング手法を学ぶことはもちろん、学生たち自身の創造的思考力に刺激を得ることを目的として、見学に訪れました。

学生たちはまず学芸員の方から広告についての説明を聞き、全体的なイメージをつかみます。その後、ミュージアム内に展示されたさまざまな時代のポスターやCMなどを思い思いに鑑賞。展示されている多くの広告は学生たちが生まれる前のものですが、そこから当時の時代背景や社会問題などがどのように広告を形作ったかに思いを巡らします。一方で最近のポスターやCMを見た学生からは「懐かしい」という声も上がりました。

学生たちはこの後、約1ヵ月をかけて5人前後のグループで動画CMを作成していきます。作成にあたっては「誰をターゲットとするか」「その人たちが持っている専門学校・神田外語学院・国際ビジネスキャリア科のイメージはどういったものだろう」「何を伝えるのが一番効果的だろう」といったことが重要になってきます。本日、古今東西のさまざまな一流広告を鑑賞したことで創造力が刺激され、CM作成にあたって大いに参考となったことでしょう。

 

CMは完成し次第、神田外語学院のオープンキャンパス「学校+学科説明会」の国際ビジネスキャリア科説明会にて放映する予定です。学生たち自らの手で作成した自分たちの学科紹介動画、きっと国際ビジネスキャリア科を理解するのに良いものとなるはずです。学生たちの”力作”の完成を期待しましょう。