2019年 ビジネス研究発表会を開催しました

2019.12.16

2019年12月5日(木)、国際ビジネスキャリア科2年生によるビジネス研究発表会が開催されました。

国際ビジネスキャリア科2 年生の必修科目「ビジネス研究演習(ゼミ)」は、5名前後のチームで研究活動を行うというユニークな授業です。研究テーマを決め、今までの授業で習ったリサーチ手法を存分に活用してデータの収集・分析を行います。この日はその集大成として事前の予選を突破した7チームが本選のステージで研究成果の発表を行いました。

 

発表内容は例年通り、ビジネスの具体的な提言を行う「ビジネスデザイン」と、アカデミックな研究をベースとした「ビジネス研究」に分かれています。

出場チーム研究題目
【ビジネスデザイン】
・自転車シェアリングにおける新しいビジネスの提案in鎌倉
・神田外語学院オリジナルウォーターの導入に向けて
・オーダーメイド靴のビジネスチャンス
・神保町のCaféの魅力を世界に発信!!
【ビジネス研究】
・高校生に対する進路指導の見える化
・現代女性教員の着装規範を構成する要因とは
・越境学習を通して培う高校生のキャリア形成能力に関して

「ビジネスデザイン」のグループは、教室を離れ各地でフィールドワークやアンケートを重ねたうえでのビジネス提案や、学校内における学生の利便性向上に関する提案など、具体的かつ多様なアイデアを提案しました。ご協力をいただいた企業の方々からは「とてもよく調べていて我々よりも詳しいのではないか」「あと少しだけ詰めれば、本社役員会議でも提案できるレベル」といった称賛のコメントが寄せられました。

一方、「ビジネス研究」のグループは、発表者の問題意識に基づき研究テーマを決め、仮説を立て、実施した定性調査や定量調査によって仮説を修正し、導き出された結論について提案を行いました。昨年に引き続き、新潟県関根学園高等学校に調査協力をいただき、昨年の先輩たちの研究成果をさらに発展させて、研究を行ったチームもありました。来賓の方々から「研究成果を基にあらためて自分自身を見つめなおしたい」「今回の提案をぜひ周囲に薦めたい」などと賛辞が送られました。

また、現在大学や企業にて活躍中の国際ビジネスキャリア科OB・OGが応援に駆けつけてくれました。「自分たちの代が最高の発表をしたと今でも自負しているが、今日の発表は本当に素晴らしかった」といったコメントや、かつての自分たちを後輩たちに重ね合わせて懐かしみ、「自分も気持ちを新たに頑張ろうと思った」と語る先輩もいました。

 

惜しくも本選に出られなかったチームの研究成果についてはポスター発表の形で報告され、多くの来場者が興味深く見つめていました。

国際ビジネスキャリア科では物事を多角的に見る力を養い、自ら主体的にキャリアを形成することのできる人材を育成しています。今回のゼミ活動で、調査・研究手法はもちろんのこと、チームで進めていく力、外部の方々と協力していく力など、様々な力が身に着いたはずです。学生たちはあと4ヵ月で卒業となりますが、それぞれの次のステージでの活躍に期待しましょう。