第34回全日本中国語スピーチコンテスト東京大会に中国語コースの学生たちが出場し入賞!

2016.11.01

スピーチコンテストに出場した神田外語学院の学生と先生達

2016年9月25日(日)第34回全日本中国語スピーチコンテスト東京大会が東京都渋谷区のリフレッシュ氷川で行われました。当日は、一次審査を通過した神田外語学院のアジア/ヨーロッパ言語科中国語コースの学生たち14名が出場しました。

 

このコンテストは、日本における中国語学習の普及と質の向上を目指し、日中両国民の相互理解と友情を深めることを目的とし、公益社団法人 日本中国友好協会主催で実施されています。

コンテスト概要

コンテストは「朗読」と「弁論」の2つに分かれており、午前は「朗読の部」の内、協会が独自に選定した課題にもとづく基礎部門、応用部門、アナウンス部門と、全国大会の予選となる中学生・高校生の部、大学生・大学院生の部、一般の部がそれぞれ実施されました。午後は「弁論の部」が大学生・大学院生の部、一般の部に分かれて、それぞれ行われました。

 

神田外語学院生参加者一覧

 

【基礎部門】

河原 真奈美さん

趙 珉基さん

和氣 明那さん

 

【応用部門】

金平 佳輝さん

下野 爽耶香さん

宅見 智也さん

 

【大学生・大学院生の部】

足立 ライカマリさん

糸永 愛梨さん

鵜飼 真帆さん

大倉 一行さん

大塚 菜央さん

小磯 桃子さん

古川 慎也さん

横関 海さん

入賞の快挙

優秀賞を受賞した中国語コース1年生の下野爽耶香さん

当日は、午前中に実施された協会が独自に選定している課題の応用部門第2位(優秀賞)に神田外語学院中国語コース1年生の下野爽耶香さんが入賞を果たしました。このコンテストには多くの国公私立大学生や社会人も参加しており、レベルの高い参加者が集まっている中での快挙となりました。

 

また、中国国際放送局(北京放送)東京支局の支局長 謝宏宇(シャコウウ)氏より「文章を読むだけではなく、そこに表現力が加わるとさらによくなる。読むという所に意識を集中しすぎず工夫があると聞いている方も聞きやすいですね」と神田外語学院の学生に対するアドバイスをいただきました。

関連リンク