ラグビーワールドカップ2019™国際交流入門講座開催のお知らせ

2018.06.21

この夏、「ラグビーワールドカップ2019™国際交流入門講座」を開催いたします。
このイベントは、来年に迫ったラグビーワールドカップが開催される12都市が会場となります。

 

主催は全国外大連合(関西外国語大学、神田外語大学、京都外国語大学、神戸市外国語大学、東京外国語大学、長崎外国語大学、名古屋外国語大学)、共催は公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会。

 

この講座の特徴は、二つの柱を持っていることです。
その一つが、「ラグビーの楽しみ方」「ラグビーワールドカップ理解」「ラグビー基礎知識講座」といったラグビーを一層身近なものに感じられるような講座です。

 

そして二つ目が、【おもてなし】をキーワードにした講座です。

 

おもてなし?
なぜ、おもてなし?

 

答えはこうです。 来日する海外選手や観光客との異文化交流、国際交流を図るには、英語などの外国語でのコミュニケーションが求められます。
そのような光景には、きっと真心が添えられます。
真心で対応する、もてなしの心を忘れない。
「おもてなし」の心は欠かせないということなのです。

 

そこで、「おもてなしの英語」「緊急時の英語対応」「世界の英語」「ネイティブから学ぶ英会話のコツ」といった講座も設けます。

 

それだけではなく、ラグビーワールドカップ出場チームにちなんだ「ゼロから学ぶ人のためのフランス語入門」という英語以外の言語も学べるようになっています。

 

ラグビーと外国語、ぜひこの二つを体感しに来てください。

【開催趣旨】
2015年10月23日(金)、全国外大連合(関西外国語大学、神田外語大学、京都外国語大学、神戸市外国語大学、東京外国語大学、長崎外国語大学、名古屋外国語大学)と、公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会が、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ大会の成功に向け、人的および教育、研究分野等で相互に連携・協力体制を構築することを目的として協定を締結。
その具体策として、全国外大連合主催、ラグビーワールドカップ2019組織委員会共催という形で、「国際交流入門講座」を開催することに至る。