2020韓日交流作文コンテストで佳作を受賞

2020.11.12

2020韓日交流作文コンテストにて、神田外語学院 アジア/ヨーロッパ言語科 韓国語コース 津村 優希さんが佳作を受賞しました。

~韓日交流作文コンテストとは~

【趣旨】
次世代を担う両国の子供から一般の方まで幅広い方々を対象にお互いの思いを伝え合い、新しい「絆」作りのための作品を募集し、表彰する。

【募集部門】全7部門
≪エッセイ≫
・日本語エッセイ部門:中学生から一般の方までが対象
・韓国語エッセイ 中高生部門:中学生から高校生までが対象
・韓国語エッセイ 一般部門:一般の方が対象

≪川柳・俳句≫
・日本語川柳、俳句部門:小学生から一般の方まで対象
・韓国語川柳、俳句部門:小学生から一般の方まで対象

≪韓国旅行記≫
・日本語 韓国旅行記部門:小学生から一般の方まで対象
・韓国語 韓国旅行記部門:小学生から一般の方まで対象

今年は、2020年4月10日(金)~8月23日(日)が作品の募集期間でした。授賞式は2020年10月17日(土)に駐日本国大韓民国 韓国文化院で行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

神田外語学院では、今年初めて韓日交流作文コンテストの応募者を募り、韓国語エッセイ 一般部門に5人エントリーしました。

韓国語コースの教員からの熱い指導のもと、入賞を目指し内容の推敲を行いました。

 

その結果、韓国語エッセイ 一般部門で、津村 優希さんが佳作を受賞しました。佳作は、99の応募作品のうち、最優秀賞1名、優秀賞2名に次ぐ、3番目の賞で、神田外語学院からは初の受賞となります。

 

来年以降も韓国語学習のひとつの成果として、作文コンテストの応募を推奨していきます。

駐日本国大韓民国大使館での授賞式は、新型コロナウイルスの影響で、残念ながら中止となってしまったため、韓国語コースの林(イム)先生より、学内で賞状を受け取りました。

2020韓日交流作文コンテスト

<主催>駐日本国大韓民国大使館 韓国文化院、東京韓国教育院

<共催>駐大阪大韓民国総領事館 韓国文化院

<協力>韓国観光公社

<後援>韓国コンテンツ振興院