本文のエリアです。

教育連携


  • 教育ソリューションとは
  • 本学の教育の歴史
  • 神田外語学院の英語教授法
  • 導入事例 メディア掲載

神田外語学院が提供する教育ソリューション

神田外語学院は、長年の研究と教育を通して積み重ねてきた神田外語グループのノウハウ、すなわち特色ある教育内容(教授法、教員、教材、学習環境)を一体化し、「教育ソリューション」という形で他の教育機関に提供しています。

神田外語学院が提供する授業では、独自の教授法や教材を活用し、より実践的な語学教育を行います。導入校のカリキュラムや要望に沿ったきめ細かい内容をカスタマイズしていきます。

さらに、文部科学省の定める英語教育のコアカリキュラムを参考に、本学独自の教授法と従来、小・中学校で行われている英語教育をマッチングさせた施設や教材、教員の提供も行っています。

image

目的 目指すゴール

1.導入校に成果と品質を保証します。
2.導入校のカリキュラムに沿った内容で目標を達成します。

授業の中では、「実践的でかつ使える英語」を習得し、
最終目標とします。英語で聞き手に自分の意志を伝えることで、「英語を楽しんで学んでもらう」ことを第一に考えます。

聞き手に自分の意志を理解してもらえることで、英語を使うことが楽しくなり、自然と英語を話すことに対する苦手意識を払拭することができます。

image

神田外語学院のノウハウ

【少人数制クラス】
20名以下の少人数制を基本としています。さらに10名以下のスモールグループで話し合うことによりお互いを理解し、英語体験を共有することができます。お互いの顔が見える距離がコミュニケーションを学ぶうえの基本で、教員はすべての学生の名前を覚えて声を掛けながら授業を行います。

【参加型の授業】
クラスの全員が参加し、積極的に自分の意見を発言します。教員は学生たちの伝える能力を引出す環境を作ります。授業では、クラス全員の前でプレゼンテーションをする機会を設け、最終的な目標である「実践的でかつ使える英語」を目指します。

image

本学の沿革

神田外語学院は、1957年初代学院長・佐野公一が「セントラル英会話学校」として開学し、1964年に現在の名称に変更になりました。早期より神田外語学院タスクベース教授法やマルチメディア教育を取入れ、外国語教育機関の先駆者として邁進してきました。学校教育として実践してきた語学教育のノウハウは他の教育機関とは一線を画しています。

  • 沿革について

image

教育の歴史

~1995年の教育大改革から始まった、神田外語学院の語学教育のいしずゑ~

1995年 タスクベース教授法を導入神田外語学院は開校以来、語学教育機関のパイオニアとして存在してきましたが、1993年から1995年の3年間、開校後初となる教授法の大改革が行われました。

第二言語習得論における第一人者である、クリストファー・カンデリンとデイヴィッド・ヌーナンの両教授を招き、神田外語大学ELI(English Language Institute)の(故)フランシス・ジョンソン名誉教授を中心にした3名によって、神田外語学院の英語教授法は作り上げられてきました。

改革前の本学の英語教育は、(※1)ノーショナル・ファンクショナルアプローチや(※2)オーラルプラクティス、(※3)グラマートランスレーションの3本柱で構成されていた、オーソドックスな形式の教育方法が活用されていました。

しかし、これらの教育方法を長年行ってきた神田外語学院は、それまでとは違い、より効果的かつ実践的な教授法はないかと模索していました。決まったフレーズを暗唱し、それを発するという一般的な英語教育方法でなく、学院で学んでいる学生に対し、「彼らの能力をより伸ばすことができるような教育方法を考えていきたい」という教員たちの強い想いが、教育改革の発端となりました。

こういった背景がある中で、(※4)タスクベース教授法が導入され、神田外語学院の英語教育の土台が作り上げられてきました。タスクベース教授法が導入されて以降、神田外語学院の学生は、英語の表現を暗記するだけではなく、自分の置かれた状況によって的確な表現を選択し、使うことができる力をつけています。

この教授法の下では、テスト問題に決まった一つの答えはありません。例えば「How are you? -ご機嫌いかがですか?」という英語表現がありますが、似たような表現として「How are you getting along?」「How goes it with you?」など何通りもあります。「教員は学生一人ひとりの解答に対し、しっかりと対応していかねばならない環境が出来上がり、教員の質、学生たちのレベルが共に向上してきました。

現在でも、タスクベース教授法は神田外語学院の教育方法として受け継がれており、提供する英語教育は、コミュニケーション能力の育成のみでなく、自国及び他国の伝統・文化の理解と尊重ができる人材育成を目標としています。

※1 ノーショナル・ファンクショナルアプローチ
  2人一組でお互いの役割を決めて会話をすること
※2 オーラルプラクティス
  決められたフレーズを何度も繰り返し発音すること
※3 グラマートランスレーション
  文法規則や語形変化を暗記し、全ての文を母語に翻訳すること
※4 タスクベース教授法
  オーストラリアで移民への語学教育法として古くから使われてきた
  教授法

image

image

image

image

神田外語タスクベース教授法について

長期に渡り実用英語教育に取り組んできた本学院が、オーストラリアで移民への語学教育法として古くから使われてきたタスクベース教授法を日本の非英語圏環境下での語学教育のために改良を加えた教授法です。この教授法の理念は以下の言語習得論の知見に基づいています。

1.言語はコミュニケーションの手段である
2.話す必要や意志が習得の土台となる
3.目的と状況から言葉が必要となる

image

神田外語タスクベース教授法の基本活動

image

導入事例

初等中等教育機関との教育連携
  • 大学間教育連携

image

新渡戸文化学園中学高等学校

2016年6月、神田外語グループは新渡戸文化学園に、英語コミュニケーションに関する授業の提供を開始しました。子ども園園児~中学3年生までの広範にわたり、それぞれの発達年齢に合わせた授業を行います。

導入事例:新渡戸文化学園中学高等学校
新渡戸文化学園

image

福島東稜高等学校

2015年4月、神田外語学院は福島東稜高等学校に、初となる年間を通じての『英語発音』『異文化理解』『キャリア教育』などの『教育ソリューション』の提供を開始しました。

導入事例:福島東稜高等学校
表現力の向上を目指して 特別進学コースの取り組み


image

東京都立富士高等学校

2013年6月、東京都立富士高等学校は、神田外語学院で海外修学旅行事前学習としHELP(Hybrid English Learning Program)の講座を開始しました。

導入事例:東京都立富士高等学校

image

東京都立富士高等学校付属中学校

東京都立富士高等学校付属中学校は、2年生の行事で福島県のブリティッシュヒルズにて宿泊語学研修を行います。

東京都立富士高等学校付属中学校
ブリティッシュヒルズ