平成30年度入学式を挙行しました

2018.04.13

平成30年度入学式 神田外語学院

2018年4月10日(火)文京シビックホール(文京区)において、平成30年度神田外語学院入学式を挙行いたしました。

 

当日、式場となった文京シビックホールは春のあたたかな陽気に包まれ、新しいスーツに袖を通した新入生と、保護者の皆様で満員となりました。はじめに糟谷幸徳学院長より「みなさんが今の気持ち、すなわち初心を忘れず、努力を怠らなければ、みなさんを鍛える優秀な教員、充実した自立型言語学習施設と、教育プログラム、学習面・生活面を問わず、みなさんをサポートするクラス担任職員など、夢・目標を達成するための、全てが神田外語学院には揃っています」「たった2年間の短い期間です。世界に羽ばたくための、重要なツール、高い語学力を、身に付けてください」という歓迎と激励のメッセージが送られました。

 

続いて、日本を代表する映画字幕翻訳者であり、本学のアカデミックアドバイザーでもある戸田奈津子氏より「昨日とは違う日々が始まります。今日からはみなさんは自立し、新しいステージで自分をしっかりと持ち、その中で新しい自分を見つけてほしい」「みなさんと同じ世代が非常に頑張っている時代。しかしそこには日々の鍛練があるから成功があるのです。みなさんも自分の夢に向かって努力を惜しまないでほしい」「胸に熱いものを持ってください。神田外語学院は、勉強する環境が非常に整っている。それを利用し、みなさんの中にある火(=熱い想い)を燃やし、1日も無駄にすることなく、自分の夢を現実に変えるために頑張ってください」とご来賓のご祝辞を頂戴いたしました。
その後、在学生代表5名が専攻言語による歓迎の言葉を披露し、その語学力の高さを目の当たりにした新入生たちは驚きの表情をうかべていました。続いて、新入生代表として英語専攻科の高橋 寧夫さんが、少し緊張しながらも期待に満ち溢れた表情で誓いの言葉を述べました。

 

最後に、佐野元泰理事長から「さあ、皆さん、明日からいよいよ新しい世界へ出発です。神田外語学院は総力を挙げて皆さんのお手伝いをします。それぞれの野心をもって、大いに挑戦し、充実した学生生活を送ってください」と新入生へ激励の言葉が送られ、式場にいる新入生たちは新たな誓いを胸にしました。
午後からは会場を神田外語学院(千代田区)に移し、保護者会を開催しました。理事長、学院長、教務・就職・学生部門の責任者と保護者の皆様の間で、勉学や学院生活についてなど、様々な意見が交わされました。

 

神田外語学院での時間が有意義なものになるよう、それぞれの目標に向かって一日一日を大切にして過ごしてください。
新入生・保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。

在学生代表者

  • グローバルコミュニケーション科 小林 萌音さん

  • アジア/ヨーロッパ言語科フランス語コース 福田 七海さん

  • アジア/ヨーロッパ言語科スペイン語コース 田中 大樹さん

  • アジア/ヨーロッパ言語科中国語コース 渡部 花奈さん

  • アジア/ヨーロッパ言語科韓国語コース 梶原 ひなたさん

  • 新入生代表 英語専攻科 高橋 寧夫さん

糟谷 幸徳学院長
アカデミックアドバイザー 戸田 奈津子氏
佐野 元泰理事長
保護者会の様子
神田外語学院 平成30年度入学式
神田外語学院 平成30年度入学式