【無料ダウンロード】

この一冊に神田外語学院のカリキュラム詳細、先輩の声、学費を総まとめ! 

神田外語学院の時間割は?9学科・10コースの時間割を個別解説!授業外の時間の使い方も紹介

「神田外語学院の時間割ってどうなっているのかな?」
「専門学校ってどれくらいの時間勉強するの?」

神田外語学院に興味をもってくださった方の中には、時間割や勉強時間について不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。特に多くの高校生の方が受験されるなか、高校から専門学校に進学するうえで、時間割がどのように変わるのか気になるのではないかと思います。

神田外語学院の時間割は1日最大4コマ制で、1コマの授業時間が90分になっています。1コマ目(1限)が9:20から開始され、4コマ目(4限)の終了時刻は17:00です。

授業時間は学科にもよりますが年間約1000時間にのぼります。1日6限まである高校生であれば、年間の授業時間は約1000時間くらいになりますので、高校生の時と授業時間はあまり変わらないイメージになるでしょう。

でも学科によっての違いや、具体的な授業名など、どんな時間割になるか気になりますよね。そこで今回の記事では神田外語学院の時間割の詳細や、各学科ごとの時間割サンプルを授業名付きでご紹介していきたいと思います。

1.神田外語学院の一般的な時間割(例:英語専攻科)

冒頭でも申し上げましたが、神田外語学院の時間割は1日最大4コマ制で、1コマの授業時間が90分になっています。以下の英語専攻科のサンプルスケジュールをご覧ください。

神田外語学院 時間割 英語専攻科

※時間割はあくまでサンプルになります。

こちらは英語専攻科1年生2学期の時間割を例にしていますが、1日4コマがフルに入っている日が2日(火曜・木曜)、3コマが2日(月曜・金曜)、2コマが1日(水曜)となっており、ほとんどのコマが埋まっています。これは他の学科やコースにも共通しており、大学生と比べると忙しくなることが多いです。

冒頭でもお伝えしましたが、1コマ目(1限)が9:20から開始され、4コマ目(4限)の終了時刻は17:00です。 12:40~13:40はお昼休みになっており、学生は周辺の飲食店でお昼ご飯を食べたり、コンビニで買ってきたお弁当などを学内で食べたりしています。

尚、1コマ90分の中には5分の休憩が入っており、正確には授業45分+休憩5分+授業45分=95分で1コマがまわっています。

■神田外語学院の1限のスケジュールイメージ
神田外語学院 1限 時間割

1-1.専門科目(赤いコマ)

赤いコマは専門科目として、その学科専門の授業科目になります。英語専攻科では英文法や英作文の授業に加え、ジャパンスタディーズという和食や伝統文化など日本の文化を英語で学ぶ授業もあります。

上記は1年生の2学期の時間割例になりますが、1年生の3学期からは「通訳・翻訳専攻」「大学編入専攻」「英語キャリア専攻」「医療通訳専攻」の4つの専攻に分かれ、それぞれの専攻の専門科目を学びます。

1-2.共通科目(青いコマ)

青い色のコマは共通科目として、一部を除く※ほとんどの学科で共通して行われる授業です。以下のような授業が含まれています。※留学科、グローバルコミュニケーション科、英語基礎養成科を除く

■共通科目

1-3.専門補習科目(灰色のコマ)

灰色のコマは専門補習科目ですが、英語専攻科特有の科目で他の学科・コースにはありません。就職活動などが本格化する前に早期の段階で基礎固めが必要な学生を対象に実施します。上記の表にはありませんが、同じコマで並行して、英語力が高い学生のみ選抜した少人数制の補習授業もあります。

在学生はたくさんの宿題が出されるため、授業前の空き時間や放課後、帰宅後、土日の時間を活用して、一生懸命課題に取り組んでいます。

英語専攻科のについては以下のページで詳しくご紹介しています。

英語専攻科の詳細はこちら

【神田外語学院の3学期には別の学科の授業も受講可能】

神田外語学院の1年は1学期(4月~7月)、2学期(9月~12月)、3学期(1月~3月)の3つに分かれており、今回サンプルとしてご紹介しているのは2学期の授業例です。1学期は2学期とほとんど変わりませんが3学期は異なり、共通科目や専門科目の他に、学科の枠を越えて幅広い分野の授業を履修することができる「選択科目」が設置されています。

第二外国語(フランス語や中国語)を学ぶ、資格・検定試験の対策講座を履修するなど、将来の夢や目標に合わせてスキルアップを図ることができます。
※受講可能な授業には限りがあります。

さて1章では英語専攻科を例にご紹介してきましたが、その他の学科やコースも気になる方もいらっしゃると思いますので、他学科・コースについても次章でご紹介していきます。

2.神田外語学院の8学科・10コースの時間割

英語専攻科の時間割は1章でご紹介してきましたので、その他の8学科10コースの時間割をご紹介していきます。

※グローバルコミュニケーション科の時間割は別途説明会でご紹介しています。
※留学科コミュニティカレッジコースは現在募集を停止しております。

グローバルコミュニケーション科の説明会詳細はこちら

2-1.アジア/ヨーロッパ言語科

アジア/ヨーロッパ言語科には、フランス語・スペイン語・中国語・韓国語・インドネシア語・ベトナム語・タイ語の7コースがあり、授業が違うためそれぞれの時間割は異なりますが、授業の約半分は英語(共通科目)という点は全てのコースに共通しています。

ただ英語とフランス語など、2つの言語を交互に学ぶと混乱を招きやすいので、午前中は英語(共通科目)、午後はフランス語に集中など、その言語に集中しやすい時間割が組まれていることが特徴です。
※午前、午後が逆になる場合もあります。

それでは各コースごとに見ていきましょう。

フランス語コース

神田外語学院 時間割 フランス語

例えばですが午前中はEIC(国際コミュニケーション英語)やTOEIC®対策授業など英語の授業が行われ、午後にフランス語会話の授業や、フランス語検定対策講座が入ってきます。キャリア開発など、語学以外の授業が午後に入ってくることもあります。

フランス語コースの詳しいご紹介はこちら

スペイン語コース

神田外語学院 時間割 スペイン語

スペイン語コースもフランス語コース同様、スペイン語の会話や文法、スペイン語検定対策の授業が午前か午後にまとめて入ります。

スペイン語コースの詳しいご紹介はこちら

中国語コース

神田外語学院 時間割 中国語

中国語コースも同様です。中国語の会話や文法、中国語検定やHSK(漢語水平考試)対策の授業が午前か午後にまとめて入ります。

中国語コースの詳しいご紹介はこちら

韓国語コース

神田外語学院 時間割 韓国語

韓国語コースは文法や会話、ハングル能力検定や韓国語能力試験(TOPIK)などの検定対策授業に加え、意見や考えを文章にする力も身につけることを目的に作文の授業も入ってくる点に特徴があります。

また韓国語コースでは2年生から就職等を目指す「語学専攻」と、韓国の4年制大学への編入学を目指す「韓国大学編入専攻」の2つの専攻に分かれるので、そのタイミングで時間割も専攻ごとに異なるものになります。

韓国語コースの詳しいご紹介はこちら

インドネシア語コース(約半年の留学が必修)

神田外語学院 時間割 インドネシア語

インドネシア語コースでは、インドネシア語の発音や会話、読解、作文、インドネシア語技能検定試験などの検定対策講座に加え、東南アジアの文化や企業を研究する授業も入ってきます。これは現地でも活躍できる人材を育成するために、政治や宗教、経済や企業などビジネスについても学ぶ授業です。以下に続く、ベトナム語コースやタイ語コースでも同様の授業が行われています。

またインドネシア語、ベトナム語、タイ語各コースでは、言語だけでなく現地の文化を肌で感じて理解することを目的に、1年次の3学期から2年次の1学期までの約半年間、現地に留学し文化・語学実地研修に参加することが必修になっています。

インドネシア語コースの詳しいご紹介はこちら

ベトナム語コース(約半年の留学が必修)

神田外語学院 時間割 ベトナム語

ベトナム語コースもインドネシア語コース同様、ベトナム語の発音や会話、読解、作文、実用ベトナム語検定試験などの検定対策講座に加え、東南アジアの文化や企業を研究する授業も入ってきます。

1年次の3学期から2年次の1学期までの約半年間、現地に留学し文化・語学実地研修に参加することもインドネシア語コース同様に必修になります。

ベトナム語コースの詳しいご紹介はこちら

タイ語コース(約半年の留学が必修)

神田外語学院 時間割 タイ語

タイ語コースでも発音や会話、読解、作文、実用タイ語検定試験などの検定対策講座に加え、東南アジアの文化や企業を研究する授業も入ってきます。

1年次の3学期から2年次の1学期までの約半年間、現地に留学し文化・語学実地研修に参加することもインドネシア語コース同様に必修になります。

タイ語コースの詳しいご紹介はこちら

2-2.国際ビジネスキャリア科

神田外語学院 時間割 国際ビジネスキャリア科

上記ではアジア/ヨーロッパ言語科のコースについてご紹介してきましたが、以下ビジネス・就職関連の学科でも授業の半分は英語(共通科目)ということは変わりません。

国際ビジネスキャリア科では、個別にビジネス英語の授業もありますが、財務会計や企業研究、社会人基礎力を育成するのキャリア研究など、語学以外の授業が主に専門科目になっていきます。2年生になると大学生のようにビジネス研究演習(ゼミ)も入ってくるので、時間割外でクラスメイトと集まり、発表資料の準備をしたりするケースも出てきます。

国際ビジネスキャリア科の詳しいご紹介はこちら

2-3.児童英語教育科

神田外語学院 時間割 児童英語教育科

児童英語教育科では英語の授業はもちろん、子どもに正しい英語を教えるために発音を学ぶ授業や、児童に英語を教える過程で押さえておかないといけない指導法、コミュニケーションスキルについて専門科目で学びます。

2年生になるとインターンシップとして、幼稚園や小学校で外国人講師のアシスタント活動を行ったり、神田外語キッズクラブの児童や保護者向けにイベントを授業内で企画するなど、実習の時間も時間割に入ってきます。

尚、2年次1学期からは以下2つの専攻に分かれ、一部の授業は専攻ごとに異なる授業を受けることになります。
・児童英語教師専攻
・教員免許取得大学編入専攻(幼稚園・小学校)*卒業後に提携大学への編入学が必須です。

児童英語教育科の詳しいご紹介はこちら

2-4.国際エアライン科

神田外語学院 時間割 国際エアライン科

国際エアライン科では「キャビンアテンダントコース」と「グランドスタッフコース」の2つのコースがありますが、同じカリキュラムで実施しています。※時間割の午前と午後が入れ替わったりはします。

これはキャビンアテンダントを目指すにも、グランドスタッフを目指すにも、必要になるのは「人間力」であり、社会で必要とされる人材になるために必要なスキルは共通している、という考えからです。

もちろん授業の中でキャビンアテンダントコースの学生に伝えることと、グランドスタッフコースの学生に伝えることは変わってきますが、採用試験合格のための準備(伝わる話し方や目標達成につながる考え方の習得)を通じ社会人基礎力を身につける「社会人基礎力養成講座1」や、周囲に好印象を与える表情、所作、身だしなみなどを学ぶ「イメージコンサルティング1」などを両コース共通で受講していきます。

他学科同様、授業の約半分は英語(共通科目)です。

国際エアライン科の詳しいご紹介はこちら

2-5.国際観光科

神田外語学院 時間割 国際観光科

国際観光科でも授業の約半分が英語(共通科目)という所は変わりませんが、専門科目に関しては、観光業に特化した内容になってきます。日本と世界に対する知識を身につけ接客時に必要となる知識やコミュニケーションスキル、手話、プレゼンテーションスキルを身につける「日本と世界の事象」や、ツアーコンダクターとして必要な知識、添乗業務の流れ、ホスピタリティを学ぶ「ツアーコンダクター実務」など、実践的な内容が時間割に増えてきます。

国際観光科の詳しいご紹介はこちら

2-6.国際ホテル科

神田外語学院 時間割 国際ホテル科

国際ホテル科の専門科目ではホテルスタッフにふさわしい洗練された接客英会話を習得する「ホテル英会話」や、ホテル業界における採用選考の基本や求められる人材像などを理解する「ホテリエデザインなど」の授業が時間割に入ってきます。

もちろんこちらも、授業の約半分は英語(共通科目)です。

国際ホテル科の詳しいご紹介はこちら

2-7.留学科(海外大学3年次編入コース)

神田外語学院 時間割 留学科

留学科 海外大学3年次編入コースは共通科目がある他の学科と時間割やカリキュラムが全く異なります。これは留学科のカリキュラムが、海外の大学の1-2年に相当する授業を日本で受けるという内容になっていることに起因します。

留学科では上記の時間割の通り、英語だけを学ぶのではなく、英語で「経済学」や「家庭学」、「数学」や「社会学」など、海外大学の1-2年次に学ぶ内容を受講します。

※留学科 コミュニティカレッジコースは募集停止中

留学科(海外大学3年次編入コース)の詳しいご紹介はこちら

2-8.英語基礎養成科

神田外語学院 時間割 英語基礎養成科

英語基礎養成科は1年制になっており、読解・語彙、文法・作文、英会話、発音など、英語を全ての面で基礎からやり直す授業・時間割になっています。

英語基礎養成科(1年制)の詳しいご紹介はこちら

3.授業外の時間はどう過ごしているの?

さてここまでは授業の時間割についてお伝えしてきましたが、学生生活を想像する上で授業時間外の時間の使い方についても気になるところですよね。ここからは登下校や放課後、長期休みなど授業時間外の様子についてご紹介していきます。

3-1.学校までの登下校の時間の使い方

1章でもご説明した通り、在学生にはたくさんの宿題が出されるため、登下校の時間、特に電車の中で単語の勉強や小テストのための勉強を行っている学生が多いです。

もちろん毎日欠かさず根をつめて勉強しているという訳ではなく、洋画や洋楽を聞きながら英語にふれたり、同じ学科の学生と話をしながら帰ったりと、様々な過ごし方をしています。

3-2.放課後の時間の使い方

放課後は自立学習施設である「VISTA」で学科の友達と自習をしていく学生が多いです。大学編入学を目指す学生は編入センターと同フロアにある自習スペースで、過去問などを活用しながら学習しています。家が遠い学生などは、自宅に帰ってから家で予習復習をしていることが多いです。

その他、東京駅付近や地元の駅付近でアルバイトをする人もいます。アルバイト自体は禁止ではないですが、入学後すぐにアルバイトを入れてしまい、たくさんの課題や慣れない生活リズム中で学習ペースを落としてしまう人も多いので、アルバイトをしたい人は慣れてきた2学期くらいから徐々に始めることをお勧めしています。

3-3.土曜日や日曜日の時間の使い方

自身が納得できる就職先に内定をもらった学生や、目指していた大学の編入学試験に合格した学生に話を聞くと、土日のどちらかは勉強に充てていた、という話をよく聞きます。平日は授業や課題で忙しく、土日両方とも勉強に充ててしまうと長続きしないため、1日はしっかり休んで次の週に臨んでいることが多いようです。

3-4.夏休みや冬休みなどの時間の使い方

専門学校の長期休みは大学生と比べ短く、神田外語学院では夏休みが約1ヶ月、冬休みが約2週間、春休みが約3週間というスケジュールになっています。
※参考:大学生の夏休みは約2ヶ月

長期休み中に集中して苦手分野の勉強をする人もいますが、折角の長期休みなので短期留学に行ったり、インターンシップに参加し就業経験を積む学生もいます。

コロナ禍以前は、仲良くなった学生同士で旅行に行く姿も見られたので、感染状況が回復した日には、そのような過ごし方をする学生が増えてくると思います。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事のポイントをまとめてみます。

  • 神田外語学院の時間割は1日最大4コマ制で、1コマの授業時間が90分
  • 授業時間は年間約1000時間にのぼるため高校生の時とあまり変わらない
  • 共通科目がある学科は、時間割の約半分は英語の授業になる
  • 授業外でも課題をこなしたり勉強する機会は多い
  • ただ長期休みで留学を経験したり、息抜きの旅行・おしゃべりを楽しむ学生も多い

各学科・コースの時間割や授業例が皆さんの参考になっていれば幸いです!

≫神田外語学院の教育の特長について以下の記事も併せてご覧ください!

【学校雰囲気・先輩の生の声・カリキュラムなど丸わかり!】
【学校雰囲気・先輩の生の声・カリキュラムなど丸わかり!】