成果の出る語学研修とは

外国人に競り負けない
グローバルな英語力を

海外事業やインバウンドの拡大等に伴い、日本人のビジネスパーソンが
英語対応を求められる機会は、国内外を問わず、飛躍的に増えています。
同時に、世界的に見ると、英語の話者はネイティブよりも
ノンネイティブの方が遥かに多くなっているため、
日本人を含むノンネイティブ同士が英語でビジネスを進めるのが
当たり前のこととなりつつあります。

こうした状況下、多くの企業が社員に期待するのは
単なる英語の運用能力ではない、真のコミュニケーション能力の向上です。
そこでまず必要なのは、相手の外国人の意図をきちんと理解し、
自分の意図を相手にしっかりかつ簡潔に伝えるための基礎的なスキルの習得です。
さらに、完璧な英語でなくとも堂々と発信するためのマインドと雑談力の強化です。

神田外語キャリアカレッジでは、上記の企業ニーズを踏まえ、
英語資格試験だけでは決して身につかない
実践的英語力にフォーカスした研修の提供を通じて、
社員のグローバル人材育成をサポートしていきます。

成果の出る語学研修に欠かせない
3つのポイント

創立以来10,000件以上の企業向け語学研修を実施してきた私たちが、
成果を出すために必要なポイントをお伝えします。

1.ビジネスを熟知した
プロフェッショナルな講師陣

  1. 語学面のみならず異文化・グローバルビジネスの視点から実践指導

    神田外語キャリアカレッジの講師陣は、日本での5年以上の英語教授経験やビジネスパーソン対象の企業向け講師経験等の応募要件に基づき、厳しい選抜を経て採用されています。そのため、日本人ビジネスパーソンが抱える英語学習についての課題や、グローバルビジネスで求められる知識・スキル等について熟知。語学面のみならず、実務面からもピンポイントで細やかに指導することができます。

  2. NHKラジオ講座「入門 ビジネス英語」講師
    柴田真一教授が研修コンテンツを監修

    NHKラジオ講座でお馴染みの柴田教授が、銀行員としてのロンドン、ドイツでの20年以上にわたる海外勤務経験と大学での英語教育指導に基づく幅広い知見から研修コンテンツのバリューアップをサポートしています。

柴田教授からのメッセージ

英語はビジネスパーソンの必須スキルと言われる時代。英語ができると仕事の幅が広がり、仕事の効率がアップします。資格試験にチャレンジすることは素晴らしいことです。しかし、試験自体を目標にすると、英語学習が重くなっていきます。それよりも、英語と楽しく長く付き合う方法を考えてみてはどうでしょう。メールやミーティングに必要なフレーズとコミュニケーションスキルを効率よく身につけ、雑談力で自分の引き出しを増やして人間力アップにつなげる。継続的にやれば、資格試験の結果にも表れます。
神田外語キャリアカレッジでは、英語を続ける楽しさを実感できる多彩なプログラムを用意しています。ぜひご検討いただければ幸いです。

柴田 真一 Shinichi Shibata

NHKラジオ講座「入門 ビジネス英語」講師
神田外語大学 キャリア教育センター 特任教授

柴田教授のビジネス英語気軽に相談

柴田教授のビジネス英語気軽に相談

2.レベルや業界に合った
カスタマイズプログラム

  1. 研修成果を極大化するための教材へのこだわり

    受講者の皆様が抱える事情は、語学レベル、業界特性、研修の目的等によりさまざま。そのため、研修成果の極大化を図るには、そうした多様な背景を理解した上で適切なプログラムを設計することが必須となります。
    神田外語キャリアカレッジでは、企業向け研修のエキスパートである教務コーディネーターが事前のアセスメントやヒアリングの結果を基に、語学レベルや実務上のニーズ等に最適な教材を個別にチョイスし、プログラムに採り入れています。厳選された市販教材から、定評あるオリジナルテキストや、業界・実務で必要となる語彙・表現を網羅したカスタマイズテキストまで、徹底した教材へのこだわりが多様なプログラムを成功に導く鍵となっています。

3.安心できるサポート体制

  1. 研修のクオリティをしっかりと支えるスタッフ

    貴社の人材育成パートナーとして、研修目的の達成に向けたご提案から終了時の振り返り、アフターケアまで、研修コーディネーターやプログラム開発チーム、講師人事チームが一体となり全力でサポートします。

  2. 語学教育のパイオニア 
    神田外語グループ

    神田外語キャリアカレッジは、神田外語大学直属の付属機関です。母体である神田外語大学や神田外語学院等、神田外語グループの持つ専門的な語学教育知見やリソースをご活用いただけます。

神田外語キャリアカレッジについて
もっと知る