人事・英語研修担当者必見!成功するオンラインビジネス英会話研修とは?

人事・英語研修担当者必見!成功するオンラインビジネス英会話研修とは?

グローバル化が進む企業において課題のひとつとなるのが、社員の「ビジネス英会話力」の強化。働き方改革やウィズコロナ下によりリモートワークが増加する中、注目を浴びているのがオンラインでのビジネス英会話研修です。今の時代に合ったスタイルの研修として、多くの企業が採用し始めています。そこで今回は、企業向けオンラインビジネス英会話研修について、概要やメリット・デメリット、活用方法などについてお伝えします。

企業向けオンラインビジネス英会話研修とは?

企業向けオンラインビジネス英会話研修とは、Zoomなどのオンライン会議システムを利用して行うビジネス英会話研修のことを言います。主な形態は、マンツーマン形式と複数の受講生が同時に同じ授業を受けるグループ形式で、受講生のレベルや目的に合わせてカスタマイズされたプログラムを実施している研修会社もあります。オンラインビジネス英会話研修は、通常の通学型研修などとは異なるメリットがあることから注目されています。

企業向けオンラインビジネス英会話研修のメリットとデメリット

それでは、実際に企業向けオンラインビジネス英会話研修を導入した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?それぞれ見ていきましょう。

メリット

  • 業務のオンライン化に対応

    会議や打ち合わせ等、実際の英語での業務においても急速にオンライン化が進んでいます。オンライン研修のシチュエーションがリアルな業務に近いのです。会議の始め方や接続確認、チャット利用時の英語表現や言い回し、スキルをそのまま業務で活用することができます。

  • 受講者の負担を軽減できる

    研修場所やスクールへの移動がないため受講者にとっての利便性が高まり、結果としてレッスンの出席率、消化率の向上につながります。

  • どこからでも受講が可能

    オンラインへ安定してアクセスできる環境であれば、勤務地や居住場所を問わず受講が可能です。研修担当者として、全国各地や海外赴任中の社員にも平等に研修機会を提供することができます。

  • デジタルならではの学習機能の活用

    画面共有や、ホワイトボード、チャット等の機能を利用することにより、英語の音声や単語をしっかり確認でき、レッスンの内容を深く理解することができます。

デメリット

  • 接続や通信トラブルのリスクがある

    接続や通信のトラブルが発生した場合、対応に時間がかかり、中断を招いたりすることがあります。最悪の場合レッスンを実施できないケースも考えられます。

  • 非言語のコミュニケーションを取りにくい

    画面を通してのコミュニケーションのため、講師は受講生の表情やボディーランゲージなど非言語の情報を読み取れない場合があります。受講生が質問しなければ疑問が残ったままで終わってしまう可能性もあります。

  • 対面で英語を話す感覚がつかみにくい

    オンラインの場合、マイクを通して会話することになるため、音声のラグもあり、直接対面で英語を話す際の感覚がつかみづらいといった欠点があります。

実践力が身に付く、オンラインビジネス英会話研修の活用法

オンラインレッスンをどのように活かせば、ビジネス英会話が身に付くのでしょうか? ここでは、オンラインのメリット・デメリットを踏まえ、オンラインビジネス英会話研修で実践力を身に付けられる活用法を紹介します。

  • 積極的にコミュニケーションを図る

    対面に比べてオンラインでは、講師は受講生の非言語部分のしぐさや「空気」を読みづらい場合があります。そのため、受講生が自身の発信力を強化するには、自ら積極的に話し、コミュニケーションを図る必要があります。講師の発した言葉の意味が分からなかったり、言いたいことを英語で表現できなかったりした場合は、自発的に講師に質問し、できるだけその場で疑問を解決するようにしましょう。

  • 英語学習の習慣化を図る

    オンラインでは通学や移動の時間を節約できるので、その分、しっかり復習や予習に時間をかけることができます。オンライン受講を契機に英語学習を習慣化し、継続させていきましょう。

  • 資料を活用して復習する

    オンラインでは録画機能やチャットの保存など、レッスン内容の記録や資料が受講後も便利に活用できます。これらを利用して自分の弱点や課題を集中的に復習し、スキルアップにつなげるようにしましょう。

企業向けオンラインビジネス英会話研修を選ぶうえでのポイント

これまで見てきた点を踏まえて実践力の身に付く研修を実施するには、研修会社の提供するプログラム等をよく吟味して選択することが大切です。企業向けオンラインビジネス英会話研修を選択する際のチェックポイントを見てみましょう。

  • プログラム内容

    オンライン研修を計画するにあたって最も大切なポイントです。

    ビジネスの現場ではオンライン化が急速に進展していますが、オンラインでのコミュニケーションは対面型のものと大きく異なるところがあります。同じ会議や打ち合わせ、プレゼンテーションや交渉であっても、対面型の表現、言い回し、スキルでは通用しない場合も多いのです。

    研修プログラムを検討するにあたって、まずこうしたビジネスシーンやコミュニケーションの変化に対応したプログラムであるかを確認しましょう。オンライン化する業務に直結した研修内容であることが重要です。

    チェックポイント:
    プログラムの選択に当たっては、「オンライン化が進むビジネスシーンですぐに役立つスキルを学べるかどうか」「受講の背景、目的、対象者のレベルに合わせてカスタマイズできるか」「オンラインであっても対面型と同レベルで研修ゴールを達成できるクオリティか」等のポイントについて十分に検討しましょう。
  • 担当講師

    チェックポイント:
    担当講師はオンラインでの十分な指導経験を持ち、オンラインレッスンの特性を良く理解しているか。また、オンラインでの指導に関して研修会社から適切なトレーニングを受けているか。

    受講生が安心してレッスンを受けられるよう、講師がオンラインレッスンに関する知識を持っていることが大切です。システムの操作に問題が生じた際に講師が慌てずに対応できるかどうかも重要なポイントです。

  • 通信環境と利用システム

    チェックポイント:
    安定した通信環境と信頼性・操作性の高いオンライン会議システムを利用できるか。

    通信環境が安定していないと、レッスンを始めてもすぐに中止ということになりかねません。また、利用システムの操作が複雑だと、画面共有やチャットなどの基本機能を使うのに手間取ることとなり、非効率的です。通信環境と利用システムについては、研修会社だけでなく受講生側にも問題がないことを確認しましょう。

  • 運営体制

    チェックポイント:
    利用システムの接続確認、操作・利用方法について事前にガイド等を配布する、あらかじめアクセスのテストを行うなど研修会社が緊急時のトラブルに備えているか。

    オンラインシステムを利用する際には、事前準備をしっかり行うことが大切です。そうした配慮が十分なされているかを確認しましょう。

  • レッスン形態

    チェックポイント:
    マンツーマン、グループレッスンなど、希望の形態で受講できるか。

    受講の背景、目的、対象者のレベルなどによって最適なレッスン形態は異なります。どのような形態で受講できるのかを確認しましょう。

オンラインで効果的にビジネス英会話を学べる研修会社を選ぶことが大切

オンラインでのビジネス英会話研修は、時間や場所を選ばず続けやすいメリットがある一方、利用しやすく効率的に学べるプログラムでなければ、思ったような成果が得られない可能性があります。今回紹介したポイントを参考に、最適なオンラインビジネス英会話研修を選択してください。

神田外語キャリアカレッジは上記のポイントを押さえたオンラインビジネス英会話研修プログラムをご提供しています。また、受講生それぞれのレベルや研修ゴールに合わせたカスタマイズにも対応しています。オンライン、対面、自宅学習などそれぞれの形態の特性を活かした演習や課題を組み合わせ、効果を最大限に引き出すプログラムをご提案しますので、是非ご相談ください。

お問い合わせ|神田外語キャリアカレッジ