グローバル人材育成に必須のテーマ「英語スキル」を効果的に習得するには?

グローバル人材育成に必須のテーマ「英語スキル」を効果的に習得するには?

ビジネス・経営環境のグローバル化が進むなか、グローバル人材育成に強い課題感を持つ人事担当者は多いのではないでしょうか。グローバル人材に求められる資質には異文化に対する理解力や主体性、積極性といったマインド部分もありますが、「英語スキル」は、それらの資質を活かすためにも重要になるテーマです。そこで今回は、グローバル人材育成の主要テーマである英語スキルを効果的に習得する方法を中心にご紹介します。

英語スキル強化はグローバル人材育成の必須課題

海外事業やインバウンドの拡大などに伴い、日本の企業でも、英語対応力を強化する人材育成戦略を進めることが求められています。ビジネスで英語を活用するシーンはさまざまにあります。

例えば、相手にとって自社製品やサービスがいかに魅力的であるかを伝えるためには、海外のビジネスパーソンに負けない発信力が欠かせません。経済のグローバル化により、世界中の企業が競合となる現代では、これまで日本が強みとしてきた品質の良さだけで勝負することは困難です。

海外拠点の設立や日本での少子化対応により、国内外での外国籍社員が増加している企業が多くなっています。外国籍社員と円滑にコミュニケーションを取りながら仕事を進めるためには、外国籍社員に日本語や日本の商慣習を学んでもらうだけでなく、日本人社員も積極的に英語を学んだり、異文化を理解することが大切です。

もはやビジネスのグローバル化は避けて通れません。英語が使えないために仕事の質やスピードが下がってしまうと、企業にとって業績へのマイナスになってしまう可能性もあります。企業の人材育成戦略を検討するうえで、ビジネスシーンで使える実践的な英語スキルの強化は、職種や階層を問わず重要な課題です。

グローバル人材に求められる資質は?

ご紹介した「英語スキル」を含めてグローバル人材に求められる資質を、ここであらためて確認しておきましょう。グローバル人材の育成とグローバル人材が活用される仕組みの構築を目的として設置された国の政策会議「グローバル人材育成推進会議」では、グローバル人材に求められる資質として、次の3つの要素を挙げています。

  1. 語学力・コミュニケーション能力
  2. 主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感
  3. 異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティー

また、同会議では上記1~3に加えて、幅広い教養と深い専門性、課題発見・解決能力、チームワークと(異質な者の集団をまとめる)リーダーシップ、公共性・倫理観、メディア・リテラシーなどもグローバル人材に必要な資質としています。

上記の主要な要素となる1~3について、それぞれどういったことなのかを以下に簡単に説明します。

語学力・コミュニケーション能力

グローバル人材には第一にコミュニケーション能力が求められます。それがなければ、バックグラウンドの異なるさまざまな国籍の人々と理解し合い業務を遂行することはできません。コミュニケーション能力を発揮するために不可欠なツールが「言語」、具体的には世界共通言語である「英語」となります。

現在世界における英語の話者はノンネイティブスピーカーの方が多数派になっているため、ビジネスシーンで用いる英語はノンネイティブにも理解しやすい「plain English(わかりやすい英語)」を意識する必要があります。また、従来の日本の英語教育で重視されていた「reading(読む)」「listening(聞く)」だけではなく、積極的に発信し、業務を進めていくための「speaking(話す)」「writing(書く)」を含めた英語4技能をバランス良く身に付けることが重要になってきます。

主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感

グローバルなビジネスシーンで活躍するには、さまざまな困難を乗り越えていけるタフなマインドを備える必要があります。自らの意思や意見を物怖じせずに発信する主体性や積極性は、日本人には特に求められる資質です。また、これまでのやり方に固執せずに失敗を恐れずチャレンジする精神、さまざまな立場や異なる考えをよく理解した上で柔軟に対応しながら業務目的を完遂していく協調性、日本人には備わっている人が多いと考えられる責任感や使命感。つまり、人間力のベースとなる豊かなマインドが求められるのです。

異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティー

海外企業や外国籍の顧客、同僚と長期にわたる信頼関係を築くには、互いの文化に関心を持ち理解し合うことが重要になります。世界史や国際情勢を学ぶとともに、日本について聞かれたときに答えられる話題を少しずつ増やしておくと安心です。自分の経験談も織り交ぜて話せるテーマをいくつか備えておくと、雑談やアイスブレイクでの良好な雰囲気づくりにも役立つでしょう。

社員研修においてグローバル人材に必要な英語スキルを効果的に習得させるには?

グローバル人材の育成を目指して社員研修を実施する企業も多いでしょう。社員研修においてグローバル人材に必要な英語スキルを身に付けてもらうには、「ビジネスシーンで実際に使える英語スキルを身に付けられること」と、「グローバル人材育成推進会議が挙げている“語学力”以外の要素も考慮したプログラムにすること」が大切です。

成果の見込める社員研修にするための必須事項

次の2点は、研修で成果を出すためには必須です。

  • ビジネスシーンで実際に使える英語スキルの習得を目指す

    従来型の机上学習や英語試験対策といった英語学習のやり方では、グローバル規模に広がるビジネスシーンで活かせる英語スキルは身に付きづらいという問題がありました。

    こうした問題を踏まえて成果が見込める研修にするには、

    1. 実際のグローバルビジネスに沿ったストーリーのなかで、海外とのeメールのやりとりやオンラインでの会議、プレゼン、交渉などに対応可能な実践力を高める
    2. スピーキングやライティングなど実際の場面を想定したロールプレイや演習によるアウトプットの機会を多く設ける

    以上のようなプログラムにすることが重要になってきます。

    また、前述のようにノンネイティブにも理解できる「plain English(わかりやすい英語)」や、4技能をバランス良く身に付けることを意識したプログラムにすることも大切です。具体的な内容については下記をご参照ください。

    ビジネス英語|神田外語キャリアカレッジ

  • 海外体験によりマインドを鍛え、語学学習の強い動機づけを行う

    単に英語スキルを身に付けるだけのプログラムにせず、グローバル人材育成推進会議で挙げられたほかの要素も意識したプログラムにすることが大切です。英語習得へのモチベーションや異文化での自信につなげるには、あえて日本語が全く通じない海外でミッションを与え、様々な異文化体験を通じ、マインドタフネスを鍛えるプログラムも有効です。異文化で英語が話せず、うまくコミュニケーションができなかったという体験は、即、英語学習への強いモチベーションにつながります。また、様々な困難を乗り越えて目標を達成できれば、それは大きな自信につながり、実際の仕事や業務の中で高いパフォーマンスを発揮できる原動力につながっていきます。

    目的別研修|神田外語キャリアカレッジ

成果の出る英語研修にするためのチェックポイント

また、成果の出る英語研修にするには次のような点もポイントになります。

  • 最適な講師選定

    講師の質は研修の成否に大きく影響します。基本的に英語指導の経験が豊富なネイティブ講師が望ましいですが、社員のレベルが初級程度であれば、日本語でもサポートできる日本人バイリンガル講師を検討するといいでしょう。ネイティブ講師であれば、海外での実務経験があり、ビジネスパーソン向けの指導実績があることが望まれます。また、講師選定の際には、「受講者の研修目的や課題、レベルを理解し、それに必要な英語知識やスキルの習得について的確に指導できるか」「日本と海外での仕事の進め方の違いやグローバルビジネスで求められる知識やスキルを熟知しているか」といった視点も必要です。

  • 適切なカスタマイズプログラム

    コストを考慮すると、限られた期間内で研修目的を無駄なく達成できるプログラムにする必要があります。受講対象の社員のレベルと課題にマッチし、学びの効果を高める最適な教材が選定されているか、無理なく英語4技能、あるいは必要なスキルを習得・強化するのに適したプログラム内容になっているかを十分検討する必要があります。

  • 研修前後のフォローアップ

    一度の研修だけで、グローバル人材の要素として求められる英語スキルを習得するのは、多くの場合困難です。研修後に自己学習のためのプログラムを用意する、フォロー研修を行うなど、継続的な学習を支援するフォローアップ体制を整えることも必要です。また、研修時点で英語のレベルがほかの社員に比べて低い社員には、研修の前に課題を与えたり、開講後も補習レッスンをしたりするなど個別のサポートが必要な場合もあります。

自社のグローバル人材育成計画を成功させるために

グローバル人材育成のなかでも主要テーマである英語スキル向上を実現するためには、どうすればいいのかを掘り下げてきました。従来の机上学習や英語試験対策といった英語学習では実際のビジネスシーンで使える英語スキルを身に付けることは困難です。また、単に「語学力」強化だけに着目していては、グローバル人材を育成するといった意味では、成果が出にくくなります。今回ご紹介した内容を参考に、グローバル人材育成計画をぜひ成功させてください。

 

参考: