韓国・建国大学と連携教育プログラムを提携

2017.11.21

韓国・建国大学と連携教育プログラムの提携を結びました。

2017年10月23日(月)、韓国の建国大学の留学センター ソン・デジュン様が、神田外語学院へ来校され、連携教育プログラムの提携を結びました。

 

韓国語コースの学生たちは卒業後の進路として、既存の提携校3校のほか、建国大学への編入学も可能となりました。

連携教育プログラム・提携校一覧

・韓南大学校(大田広域市)
・中央大学校(ソウル市)
・済州大学校(済州市)
・建国大学(ソウル市)

出願条件

・神田外語学院の卒業条件を満たしていること
・韓国語能力試験(TOPIK)3級、または4級を取得していること
・本人・両親ともに韓国籍以外であること

ソウル市に位置する建国大学は、ソウル中心街まで地下鉄で約15分とアクセスも良好。キャンパスには一際目立つ大きな湖もあり、緑も豊かで、学生たちが快適に学ぶ環境が整っています。

 

15学部、38学科あり、約2万5千人の学生が学んでおり、韓国では中規模の大学です。

連携教育プログラムの提携調印式では、糟谷学院長とお互いの学校の情報交換を行い、相互の理解を深めました。

日本人若者を中心に依然と沸騰し続ける韓国ブームの話題で盛り上がるなど、終始穏やかな雰囲気の中、笑顔で握手を交わし、両校の発展を誓いました。

関連リンク