青島濱海学院と連携教育プログラムの提携を結びました

2016.06.03

青島濱海学院と連携教育プログラムの提携を結びました。

2016年6月2日(木)、中国の青島濱海学院の韓方希学校長ご一行様が、神田外語学院へ来校され、連携教育プログラムの提携を結びました。
中国語コースの学生たちは卒業後の進路として、既存の提携校3校のほか、青島濱海学院への編入学も可能となりました。

青島は、青い空と青い海、赤レンガ作りが特徴のどこか西洋のような面影のある街並みです。日本と同様、四季の変化を楽しむことができ、年間を通して過ごしやすい気候です。

青島濱海学院は、20,000人の学生が学ぶとても広大なキャンパスを有していますが、中国では中規模の学生数になるそうです。

キャンパス内には、博物館があり、現在5つ星ホテルの建設も進められており、まるで一つの街のような光景が広がっています。

韓方希学校長ご一行様は、本学のさまざまな施設をご見学され、韓方希学校長自ら、本学の施設や、授業に励む学生たちの姿を撮影していらっしゃいました。

連携教育プログラムの提携調印式では、糟谷学院長とお互いの学校の情報交換を行い、相互の理解を深めました。

本学から青島濱海学院様へは、英訳された万葉集をお贈りし、青島濱海学院様からは学校オリジナルの錫製品をいただきました。

論語の話題で盛り上がるなど、終始穏やかな雰囲気の中、笑顔で握手を交わし、両校の発展を誓いました。

その後、韓方希学校長ご一行様は、中国語コース2年生の授業を見学し、昼休みには留学を希望する在校生に対し、学校説明会を実施して下さいました。

関連リンク